人生の停滞期

トフィーです。最近、人生の停滞期なのですが、この停滞期の正体に迫りたいと思います。似たようなことで苦しんでいる人に届きますように。

人生には、停滞期がある。受験に失敗した、仕事がうまくいかない…など。今の私がまさにそういう状況だ。

「振り返ると、今までにも何度もこういう時期があったな」とも思う。せっかくだから、自分の今までの停滞期と、それを抜けられたときのことを振り返ってみようと思う。そして、自分の周囲の人々にも、似たようなことがなかったか、考えてみよう。そこに、自分自身の今の状況を脱するヒントがあるかもしれないし、私と似たような状況に陥っている人にとっても、同様のヒントがあるかもしれない。

 人生の停滞期とは

まず、人生の停滞期を定義しよう。私にとっての人生の停滞期とは、「得たい結果に至るまでのプロセスの実行が思い通りにできない、もしくは、実行しても得たい結果に近づけていない状況が、1ヶ月以上継続している時期」である。過去には、「大学の受験勉強にどうしても取り組めず、失敗した」「仕事を効率化して成果に近づきたいのに、パワハラでメンタルが磨り減り、仕事のパフォーマンスが全く上がらない」といったことがあった。当時は、どうやったら「人生の停滞期」というトンネルを抜け出せるのかわからず、日々悲嘆していた。

どうやって人生の停滞期を乗り越えたか

大学受験については、久々に会った友人が大学生活を楽しんでいる姿を見て、自分もこうなりたいと強く思えたことから、奮起することができた。仕事の効率化については、最初の会社を辞めて、次の会社でスキルを身につけて「効率化とは何ぞや」というものを会得したことから、乗り越えることができた。

こう見ると、どちらの時期も、悲嘆しまくる精神状態を一新することで、自分のバランスを取り戻し、勉強や仕事に励み直すことができていたようだ。

周囲の人々はどうだったか

そう言えば周囲の人々にも、人生の停滞期があったのだろうか。

例えば、父の事業が失敗したときなんかはそうかもしれない。事業がうまく行かなくなり始めた頃から、きっと父は心労を溜めていたのだろう。今思えば、父の現実逃避と思えるような行動を見る場面が少なからずあった。そしてその後、事業が破綻した。当時、父は自殺も考えたらしいが、家族が一丸となって父を支えた。幸いなことに父は今も存命である。

他にも、ある友人は、職場での人間関係が上手く行かなかったことに大きく傷付いたようで、その時の経験を話す度に涙を流していた。最近はあまり会っていないため、彼女が当時の経験を乗り越えられたかどうかを知らない。今度聞いてみようと思う。

他にも、勉強や恋愛、結婚、キャリアなどなど、何かしらに中長期的に思い悩んでいる友人達を見かけてきた。相談されることもあった。そんな友人達の姿を見て思うのは、「焦りすぎていて、視野が狭くなっている」「自己否定が強すぎて、自分の本来の能力や魅力を殺している」ということだった。そしてこれは、今の自分にまさに当てはまるので、「わかっていても、脳みそが停滞モードに陥る」のだろう。

今、人生の停滞期に苦しむ私達が、やるべきこと

では、焦りを止めるにはどうしたらいいのか。自己肯定できるようにするにはどうしたらいいのか。

きっと、「これをすればこうなる」なんて簡単なものではないのだろう。まずは、今の自分の精神状態を、深く静かに見つめ直す必要がある。そうして初めて焦りと自己否定を止められる。その後、必要な行動を見極め、実行し、継続することで、ようやく得たい結果を得られるようになるのだ。このプロセスの出だしである、「今自分の精神状態を、深く静かに見つめ直す」ということが、恐らく一番難しい。自分一人の空間で、全ての情報を遮断し、自分の心の声に耳を傾けることで、その境地に達することができる人もいるだろう。反対に、色んな人に話を聞いてもらい、何度も言葉にすることで、その境地に達することができる人もいるかもしれない。どういう方法であれば、自分の精神状態を正視できるのかは、きっと人によって異なる。

そして私は、こうして誰かに読んでもらうための文章を書くことで、その境地に達することができる人間なのだ。

自分にとっても驚きの結論でした。

この記事を書き始めた冒頭、このような結論を導くことになるとは、全く想定していなかった。ただ、誰かに読んでもらうための言葉を書いていけば、私の脳は最適解を出すと、心のどこかで確信していた。おかげで、焦りと自己否定が少し収まっている。精神状態は良くなっているようだ。

とは言え、今の私が直面している事態は、漫画のように劇的な変化はしないだろうが、この精神状態を取り戻せれば、少しずつ好転するだろう。その内、後日談として、明るい報告ができれば良いと思う。

【小ネタ】干物女が考える「男女の社会的役割=ジェンダー」

「男女の社会的役割」という価値観に対する、トフィーのスタンスと見解を述べています。

個人主義をこじらせています

仕事や出世、利益追求の関心が高くで、結婚・出産願望がない、という価値観で生きていると、「ジェンダーに対するこだわりがありそう」と思われやすい。が、正直言って、私はジェンダーやその手の主張に興味がなく、共感もしない。

ここで言う「ジェンダー」とは、「男女の社会的役割」のことである。古くは「男は仕事、女は家庭」であり、最近では「女性活躍推進」が先端のジェンダーと言えよう。

このジェンダーというものに対して、そもそも私は懐疑的である。

私は仕事が好きだし、一生何らかの形で経済活動に関わりたいと思っている。もしも私が男だとしても、同様の価値観を持っていただろう。男であろうが、女であろうが、私が果たすべき社会的役割は「経済活動における生産者であり続けること」だと認識している。この社会的役割を選び取るのに、「男だから」「女だから」という判断基準は皆無で、「私のやりたいことだから」と、どこまでも個人主義的な基準だった。

そしてありがたいことに、私のいる環境は、「女だからこの仕事」というような仕事の与えられ方をしていない。原則として実力主義だ。

よって、私には今のところ、「性別のせいで自分のやりたいことに支障が出る」という経験がない。大変幸福なことである。また、「女」として生まれたことについて健全な誇りもあるし、嬉しいとも思っている。

一方で、「女だから結婚、出産願望があって当たり前」という方向で捉えられることも多い。だが、私には本当にその類の願望がないのだ。

「性別のせいで、やりたくないことについて押し付けられたり、マウンティングされたりする」というのは、「やりたいこと」を自由にやらせてもらえている代償なのかもしれない。

 国外のライバルに目を向けるべき時代

男女雇用機会均等法が施行されたのが1986年。「総合職として働く女性社員」が当たり前の存在になるまでの過渡期には、働きたい女性にとっては、理不尽な場面もさぞかし多かったことだろう。その結果、男性に対する敵視や蔑視を持ってしまった女性社員を見たことがある。

しかし、時代は驚くほどの速さで変わる。もはや国内労働者よりも、経済発展が目覚ましいアジア諸国の労働者の方が、よほど脅威的だ。ハングリー精神旺盛で、国境を超えて勉強や仕事をすることに抵抗のない彼等は、すぐに労働市場における強敵となるだろう。閉じた国内で、日本人同士で、男女がどうこう言っている場合じゃない、と思う。

 性別も与えられたカードに過ぎない

ここまで、「ジェンダーを当然のものとして物事を捉える」ことについて、否定的な見解を述べた。とは言え、「性別」が存在する以上、それによる社会関係への影響は避けられない。例えば、「同性の方が話しかけやすい」とか「異性の方が気を遣わない」とか、そんな些細なことも含めれば、性別を基に判断する・されることは腐るほどある。

しかし、「だから男は◯◯だ」「女は●●だ」のような、根拠のない結論を述べたいのではない。性別による影響も含めて、「配られたカードで勝負する」ことの重要性を説きたいのだ。

「まだまだ経営者・管理職層には男性が多く、そうしたホモソーシャルの中で人間関係が構築されやすく、女性社員は不利だ」という意見を見たことがある。が、そうしたホモソーシャルをしっかり観察し、把握し、自身が「女である」というカードをいかに切るか…そうした戦略を実行することが大事なのだ。

むしろ、ホモソーシャルの中で、「女である」ことが有利に働く場面も往々にしてある。自分の持てるものを、どこまで活用できるか。性別だけでなく、生まれた年代、地域、家族構成、ありとあらゆる「持てるもの」全てだ。そして、それらを適切に活用できることは、男であろうと女であろうと共通する「生きる力」なのだと思う。

まぁ、私の場合は、自分の持てるものを活用しまくった結果、干物女になっちゃったわけですけどね!

f:id:himojo_zemi:20180905002052j:plain

⬆︎ブログのアイキャッチ用の画像。特に記事との関連はありません。が、トフィー本人です(尚若かりし頃)

西日本豪雨被害の倉敷市真備町に行ってきた

はじめに

平成最悪の被害をもたらした「平成30年7月豪雨」、通称「西日本豪雨」。広島県に継ぐ被害が出た岡山県では、今日時点で58人が亡くなっており、行方不明者の数を考えると今後も増える可能性がある。

その中でも最も被害の大きかった倉敷市真備町小田川等の堤防が決壊した結果、東京ドーム260個分ほどの面積が水に浸かり、被災家屋は4600戸に及んだ。
水がようやく引いた、その倉敷市真備町のとある特別養護老人ホームから要請があり今回出向く事になった。

こんな時だからこそ、この目で見てきた現状を伝えておきたいと思う。地元の方から聞いた確定していない情報や、私の主観的な情報が入ってしまう事を前もってご理解頂いた上で、是非読んでほしい。

倉敷市真備町の現状

高梁川を渡り、まず目に飛び込んで来たのは廃墟と化した工場だった。
6日深夜、総社市内のアルミ工場が爆発。その衝撃は数十キロ先まで振動が感じられる程のものだった。溶解炉に水が入り込み化学反応を起こした為と考えられる。
黒く焼け焦げ、崩れ落ちた工場を中心とし、周囲の家の瓦は爆風で吹き飛び、ガラスが割れた窓はブルーシートやダンボールで被われている。

それを横目に見ながら土手を下ると、衝撃的な光景が広がっていた。
「ひどい……」。
町全体が薄茶色に覆われている。変色した壁が、二階の窓の下あたりまで水が上がってきた事を伝えていた。
全ての家で大量の家具などを運び出す作業が行われており、道端には粗大ゴミが山となり連なる。天井まで泥で汚れた数え切れないほどの車。重そうな倉庫が─きっと水の力で押し上げられたのだろう─不安定に足を片方だけつけた姿で歩道を塞ぐ。
そんな光景が一軒だけではなく、道を挟んで延々と続いていた。

小高いところにある施設で受付を済ませ、トラックの荷台に座って目的の老人ホームへ向かう。走り抜ける車の動きに合わせ、乾いた泥が乾燥して一斉に舞い上がり、喉と目を刺激した。

目的地は水が引いたばかりのようで、辺り一面ぬかるんでいた。駐車場いっぱいに、水に浸かって動かなくなった、泥だらけの車が停まっている。施設で働く職員さん達のものだそうだ。

その日、十数人の職員は、避難指示に合わせて急いで入居者を避難させた後、自分たちの車を取りに戻ってきたところで、堤防が決壊。すごい早さで一階の天井部まで水が上がってきたため、高台へ逃げる時間などなく、施設の屋上に上がって一晩救出を待ったという。車を失い、家も失い、今も避難生活を送る職員がたくさん居ると聞いた。

 

私が言葉に詰まっていると、
「よろしくお願いします」。
そう言ってにこにこしながら、白髪のおっちゃんが近づいてきた。どうやらこの人が今日の作業の指示出しをしてくれるらしい。
既に始まっている作業の邪魔にならないように円になり、指示を受ける。告げられたのは意外な作業内容だった。
「皆さんにまずやって頂きたいのは、ご入居者の居室に入って、その方の大切なものを一つ一つ拾い上げる作業です。土砂を掻き出したり、家具を運び出すのは業者にやってもらう事も出来る。でも業者は何もかも捨ててしまう。皆さんには入居者の心の部分に関わる作業をやって頂きたい。大事なものだと思う基準は皆さんに任せます」。

 

二人一組になり、いよいよ施設内に入る。
想像していたよりずっとひどい状況に、私は言葉を失った。
薄暗く光のほとんど入らない洞窟のような玄関ホール。全ての床を足首ほどの高さのヘドロが覆い、悪臭が鼻にまとわりつく。至る所で大きな家具が折り重なるように倒れ、道を塞いでいる。
掃除のための雑巾や泥を掻き出すためのスコップを持参していたが、そんなものはとても役に立つ段階ではなかった。
まるで巨大な下水管の中を歩いているような感覚。水に浸からなかった物など何一つ残っていなかった。
廊下に貼られた「スタッフ紹介」の写真がそこだけ別世界のように、以前はそこにあった日常の景色を映していて何とも物悲しい。
奥へ進んでいくと、施設の廊下の床板は水をパンパンに含んで半円形に盛り上がり、窓ガラスの一部は粉々に割れていた。

 

担当居室を振り分けられ、倒れた冷蔵庫と食器棚の間の椅子を脇へよけて、僅かに出来た隙間から何とか居室内へと入った。
以前そこで誰かが生活していたとは思えない真っ暗な穴ぐらのような場所に恐怖を感じる。泥まみれのカーテンを開けると外の日が差し込んで来て少しホッとした。窓際には行き場を失った大きなカエルが窓ガラスに向かってピョンピョン跳ねていた。

水を含んで歪んで開かなくなったタンスの引き出しを、棚板を無理矢理外して開けるとびしょ濡れの葉書が出てきた。この部屋の主が男性であることとその名前を知る。
層になった床の泥を掻き分けると、写真が出てきた。泥だらけで判別出来ないが、ひとまず「大事なもの」を持ち帰るための袋に入れる。
うつ伏せに倒れている、自分の背丈よりも大きい洋服ダンスを二人で何とかして起こして開けると、たくさんのスーツが出てきた。
すると、パートナーの女の子か突然泣き始めた。
「このスーツ、きっとこの方の一張羅ですよね。すごくオシャレな方だったんだな。こんな、全部ダメになって。想い出の品も全部、水に浸かって」

一つ一つの物を拾い上げる度に、今までは姿の見えなかった被害者が、名前を持ち、どんな事が好きで、どんな洋服を着て、どんな暮らしをしていたのか、目の前で一人の人格として動き出す。それはテレビの向こうからでは分からない感覚だった。
このスーツもきっとこの方にとって「大事なもの」だったのだろう。それでも私はそれを「大事なもの」を入れる袋に入れなかった。そうできないのがとても悲しかった。

 

時折休憩をとりながら、作業を続け、午後からは倒れた家具やベッドなどを外へ運び出す作業が主になった。最初のうちこそ、男性は力仕事、女性は軽作業と振り分けられて居たが、気がつけば男も女も皆一緒になって重い家具を運んでいた。30度を超える暑さの中、ヘドロに足を取られながら行ったり来たりするのはきつい作業だった。指先の感覚がだんだんと無くなっていく中、重い食器棚の扉が水で滑るので何度も抱え直す。

 

頭上でバラバラと大きな音がして、汗だくの顔で見上げると、報道局のヘリコプターが真上を飛んで行った。中にはよりリアルな映像を届けようとしているのか、かなり低空で飛んでいくヘリも居た。
今この時に、リアルタイムでこの映像は流されているのだろうか。
どんな風に報道されているのだろう。

私は今朝のニュースをぼんやりと思い出していた。
息子二人が土砂崩れに巻き込まれた母親に「どんなお気持ちですか」と避難所でインタビューするレポーター。泣き崩れる母親の姿に胸が痛くなった。

 

人は「可哀想」な話を聞きたがる生き物だから、人の心に土足で入り込むような報道に需要がある事は知っている。そして、わたしだってニュースを見ている側の人間だ。
今も、上空から見る真備町の悲惨な状況は「可哀想」だと報道されているのだろうか。そしてそれを見て「うちは何ともなくてよかったね」と話す人がここそこに居るのだろうか。私はキュッと口の端を結んだ。

 

ボンティアの指示出しをしていたおっちゃんもヘリコプターに気付いて空を見上げる。出来て数年しか経っていない施設がこんな姿になり、連日片付けに明け暮れているおっちゃんの気持ちを思うと、なぜか申し訳ないような気持ちになり苦しくなった。

しかし次の瞬間、おっちゃんはヘリコプターに向かって大きく手を振った。おっちゃんは笑顔だった。
ビックリして立ち止まった私の手から、食器棚の扉が滑り落ちて足元に落ちた。

すごい!なんて強いんだろう!

おっちゃんが何を思って手を振ったのかは分からない。
でもそこには私のモヤモヤした気持ちを吹き飛ばすすごいパワーがあった。

もう一度空を見上げる。赤いお腹のヘリコプターが旋回している。大きく息を吸い込んで今度は私も笑顔で手を振った。
地元の人はこんなに強いよ!もう前を向いて頑張ってるよ!この姿もちゃんと届いてるかな。ヘリが見えなくなるまで、ぶんぶん力いっぱい手を振った。

因みに後で分かった事だがおっちゃんは施設長だった。

 

おわりに

老人ホームのような施設はたくさんボランティアも来るし、施設内もある程度余裕を持った造りになっている。
高齢者も含め、町全体が自宅の片付けに追われている様子を見て、被災した方の心労は精神的な物だけでなく、身体的にも計り知れないと思った。
私はこの真備町の様子をほんのちょっと目の当たりにして、一時的に感傷的になっただけで、すぐにいつもの日常へと戻っていく。果たして一年後、今と同じ気持ちでこの体験を覚えているだろうか。
でも被災した方たちの生活はここで続いていて、一年後もきっと完璧には元の生活に戻れていない事だろう。

被災した方の気持ちを本当に理解する事はできない。でも今の気持ちを忘れたくないし、現状を少しでも伝えたいと思い、この文章を書いた。
拙い文章だけど、誰かに何かを感じて貰えるきっかけになったら嬉しいと思う。
最後まで読んでくれた方、ありがとうございました。
f:id:himojo_zemi:20180712230104j:image

女性活躍推進について、モテる女の行動特性から語る

「女性の細やかな気遣い」「気配りができる女」

こんな言い回しを聞くと、「女というものをわかっていないな」と思う。

多くの女は、気遣いだとか気配りだとか、「相手本位」で動いているわけじゃない。「相手の欲望を察知し、先回りして動くことで、自分にとって都合のいい環境を作り上げつつ、周囲を活性化する」のだ。これをナチュラルにできる女が「モテる女」というやつであり、反対に、「私は強い!媚びない!」なんて自己認識をしている女は、総じてこれをやらない(のでモテない)。

話は変わるが、男女雇用機会均等法が施行されて30年が経ち、最近のトレンドは「女性活躍推進」というところにある。国内の労働人口が減少する中、働きたい女性にとっては追い風の時代だ。

まぁそれは良いとして、多くの「働きたい女達」の中には、「私は強い!媚びない!」というスタンスを前面に出す人がいる。別にそれはそれで否定しないが、そういう女性は残念ながら能力・ポジションともに低い。

「私は強い」と言い張ることで、自身の弱さや至らなさを直視することから逃げているのだから、改善が見られない。

「媚びない」と言い張ることで、目の前の相手が何を求めているのかという視点を損ない、独りよがりな仕事をする。

結果、能力向上が見られず、ポジションもそのまま…ということになる。 

女性活躍推進、という言葉を聞くと、「男並みに力強くバリバリ働く女性を管理職に就ける」という印象があるが、そういうことではなく、女性らしい強かさをもって自分のポジションを確立していく、というスタンスであるべきだと思う。

モテる女の行動特性(コンピテンシー)は、そのまま職場でも使える。モテる女の行動とは、男に媚びを売ることではない。相手の欲望を察知し、先回りして動くことで、自分にとって都合のいい環境を作り上げつつ、周囲を活性化する立ち回りだ。これが女性らしい強かさだと思う。

(この記事を書く私自身は全くモテないが、周囲のモテる女がみんな共通してこれをやっていたので、そんなに間違っちゃいないだろう。)

また、よくよく考えたら、できる男性社員も似たようなことをやっているので、もしかしたら男女問わず、仕事ができる人の行動特性なのかもしれない。

仕事も恋愛も、自分一人で完結するものではなく、必ず他者が介在する、社会的な活動である。時に他者のために動き、他者を動かすことで成立するのだ。

よって、「モテる」ことも、「仕事ができる」ことも、その根源は同じことなのかもしれない。

 

と、恋愛市場で全く需要のない、干物女トフィーによる考察でした。

ENFPの人物像

こんにちは、トフィーです。いつもは強い問題意識をもって、周囲を観察し、自分の考察をまとめて記事にするのですが、本日はMBTIをネタに、自己観察しようと思います。
※MBTIテストについてはこちらのリンクを参照:無料性格診断テスト | 16Personalities

ENFPとしての自分

私はWebでMBTIテストをやると、毎回ENFPになるくらい、典型的なENFPです。
※ENFPについてはこちらのリンクを参照:“広報運動家”型の性格 (ENFP-A / ENFP-T) | 16Personalities

ENFPタイプの人は、Ne(外向的直観)、Fi(内向的感情)、Te(外向的思考)、Si(内向的感覚)と呼ばれる心理機能を有している、とされています。
※心理機能についてはこちらのリンクを参照:心理機能 - キャラクター性格診断スレまとめ Wiki

これらの機能が発揮されてる場面を思い返して、ENFPの具体像に迫ろうかと思います。

第一の心理機能:Ne(外向的直観)

大きな視野に立って客観的に情報を受容する心理機能です。 ひらめきによって背後で働いている力学や関連性を捉え、全体像を俯瞰します。

キーワード
本質を見抜く、ひらめき、インスピレーション、洞察、推測、 賢い、機知、機微、多角的、包括的、創造的、抽象的、理論的、可能性、アイデア、概念、 全体像、意味を捉える、図形で考える、シンボル、多様性、広い視野、知的好奇心、試行錯誤、臨機応変、オープン、 客観的、普遍的、先入観なし、議論好き、ブレインストーミング、チャレンジング、 比喩、類似性、応用、解決法、風変わり、奇抜、新規性、新しい組合せ、法則、パターン認識、傾向認識、イノベーション、創意工夫、 飽きやすい、興味が移ろいやすい、チャーミング、遊び好き、新しい人間関係

心理機能 - キャラクター性格診断スレまとめ Wiki

これは自分でも強く自覚している機能です。

物事は全体観から捉えたい気持ちが強く、「目の前のこと」しかわからない状態に苛立ちや不安を覚えます。例えば仕事でも、「今日これやっておいてね」という指示だけがある状態だと、「一体何のための仕事なの?どのくらいのペース配分でやればいいの?それをやり終わったらどうしたらいいの?」と、一気に不満が噴出してしまいます。逆に、業務の全体観と、その中の自分の位置付けがわかれば、あとはパズルのように、スケジューリングやアウトプットイメージ、誰とコミュニケーションを取るべきか、そういった業務遂行のための要素が勝手にはまります。その瞬間が、私にとっての仕事の醍醐味でもあります。

また、未来の可能性や変化に対して好意的です。移ろい変わるものが大好きです。

そして、具体的事象の背景にある本質を構造的に理解することを好みます。概念化万歳。もっとわかりやすく言うと、経験よりも理論を重視します。

Neは、基本的に頭脳活動の心理機能です。その代償か、身体活動に対する興味ははほぼ壊滅していますね。運動きらーい。

第二の心理機能:Fi(内向的感情)

内向性の心理機能なので、自己の内面に意識が向けられます。 感情の心理機能なので、どのように感じるかということを基準として判断し意思決定を行います。

キーワード
心の調和、親切、優しさ、強さ、忍耐、傾聴、感情移入、共感、愛情、忠誠心、 慈悲、援助、人情、倫理、モラル、善悪の判断、価値、意味、 真偽の判断、正義、審美眼、美的センス、感性、感動、畏敬の念、情熱、決心、印象を捉える、心の本質を見抜く、 養育、保護、擁護、弁護、個性、傷つきやすい、感受性、感傷、覚悟、内面の体験、独立した価値観、独自の基準、 懐疑的、本物を求める、率直、高い理想、多様性、真心、利他、是正、尊厳

心理機能 - キャラクター性格診断スレまとめ Wiki

これも自覚あります。

基本的に、何かを判断するとき、「やっぱりこれが好き!」ということが決め手になります。そして、そういう自分の感情に従って決めた物事は、上手くいきます。反対に、感情を無視して合理的に考えて判断した物事は失敗することが多いです。

また、意外に思われるかもしれませんが、あまり自分の深い本音を話しません。「内向的感情」の文字通り、自分のアイデンティティに関わるような深く強い感情ほど、自分の内側に入り込んでしまい、外側には向かいにくいです。心理的危機に陥ったら、さすがに信用してる人に相談しますけどね。
逆に言うと、多数の周囲にむかって発露している感情は、あまり深刻なものではないことが多いです。「話せる内は大したことない」を地で行っています。

あと、個性や多様性をナチュラルに認めています。一時期、LGBTの差別についてやたら話題になりましたが、私からすると、「そもそも何でLGBTに対して違和感を持つのかわからん」という感覚です。同性愛者やバイセクシャルの友人や知人は何人かいますが、今までそれを理由に付き合いが変わったことはないし、変える気になったこともありません。
というか私自身も結婚観について共感を得られたことがあまりないので、セクシャルマイノリティーに属するのかもしれません。そしてそんな自分がおかしいとも思っていません。

第三の心理機能:Te(外向的思考)

外向性の心理機能であるので、注意は外部に向けられます。 思考の心理機能であるので、理論や原理原則に従って、効率的で合理的な意思決定を行います。

キーワード
外的秩序、公平、率直、客観的評価基準、規律、ルール、命令、原理、原則、審判、慣習的手法、実用性、実践、目標、 客観的推論、因果関係を捉える、合理性、効率、順序、配置、計画、資源配分、平行処理、責任、実行、努力、積極性、勝負、平定、 賞与、処罰、叱責、信用、遠慮無し、集団行動、権威主義官僚主義、追従、権力志向、宣伝、 マネージメントスキル、リーダーシップ、フォロワーシップ、決断、システム構築

心理機能 - キャラクター性格診断スレまとめ Wiki

この記事を書いている今は30歳なんですけど、この歳にして、ようやく自由に扱えるようになったかな、という印象があります。

というか仕事の特性上、この心理機能をめちゃくちゃ鍛えられるので(仕事は経営コンサルタントです)、それで能力開発された感もありますが…。

合理性、効率性、機会の平等…私が大変重視している価値観です。これらを実現した仕組みを構築することに、強い喜びを覚えます。
不思議なもので、先に紹介したNeやFiを使って実現できることよりも、Teを使って実現できることの方に、達成感ややり甲斐を感じます。
心理機能としては三番目の機能であり、やや使い慣れていないからこそ、ハードルが高くて燃えるのかもしれませんね。

f:id:himojo_zemi:20180405011847j:plain

第四の心理機能:Si(内向的感覚)

私たちは、眼、耳、鼻、舌、肌のそれぞれの感覚器官を通して、 視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の五感を得ることができ、外部の情報を受け取ります。 また、体内から様々な情報を受けとり、自分自身の肉体の存在に気がついています。 そして、経験したことを記憶しています。

その記憶は、現在の体験と関連する過去の体験を比較するときに必要となります。 今現在の経験はすぐに前回の経験と結び付けられ、 似ている点や異なる点が新たに記憶され整理されます。

各時点での経験と記憶を繰り返し比較することで、 この世界についてのイメージがより鮮明で広がりをもったものになってゆきます。 個人的な経験によって蓄積された記憶は知識の源となり、日常的に「すべきこと」を思い起こさせます。

キーワード
習慣、馴染み、歴史、伝統、文化、既存、規範、信頼、粘り強い、仕事を終わらせる、詳細、記憶、連想、現実、イメージ、 経験、過ちを繰り返さない、注意深い、ミスを避ける、慎重、データをよく見る、保存、備え、蓄え、 安定、郷愁、懐かしさ、いつもと同じ道、質実剛健、義務、誠実、忠誠、従順、保護、守備、安全、 ガイドライン、古くからの親友、身体感覚、自己の存在感覚

心理機能 - キャラクター性格診断スレまとめ Wiki

第四の心理機能であるSiを使いこなすことは、私の人生の課題でもあります。

キーワードとして羅列されてること、基本的に苦手です(笑)
詳細確認するのは嫌いだし、データをよく見るのも嫌いだし、安定とかつまらないし…。

だけど、たまに、効果的にSiが発揮されることがあります。
例えば「記憶」ですが、これは昔から割とよく使っていました。特に自分や周囲の感情と結びつく記憶は忘れにくいです。きっとFiと連動してますね。

また、Siは「分類」することにも関わる心理機能らしいのですが、これも得意ですね。整理整頓大好き。
Neが強いタイプは整理整頓が苦手な傾向にある、という解説をどこかで読んだことがある気がしますが、私はそんなことはないです。というのも、整理整頓された状態をNeを使って思い描き、それが理想像となり、その理想像に引っ張られる形で、整理整頓に必要なSiが働いている、という感じです。

こう見ると、Siは他の機能と連動する形で働いていますね。
一般的に、第四の心理機能を使うことは、右利きの人が左手で文字を書くようなものなので、うまく操ることができないものです。だから、得意な第一機能や第二機能に引っ張られる形で使用すると上手く行くのかもしれません。

ENFPの人物像

ここまで心理機能別に説明してきましたが、これらを統合して捉えると、
①見聞きした情報の全体観を捉え、そこに可能性や変化、本質を見出し、
②それを受けて自身の内面で深い感情の動きを見つめ、方向性を判断し、
③判断した方向性について、効率性や合理性をもって実現できる仕組みを構築する
④また、①〜③の働きの裏側には、今までの記憶や蓄積があり、活用している

こんな感じでしょうか。
他のENFP の方にもぜひご意見いただきたいですね。

以上、ENFPについての記事でした。

関連記事

himojo-zemi.hatenablog.com

 

論理センスが高い人は論理的であることを論理的に説明できないから、トフィーが代わりに論理的とは何かを説明する

トフィーです。本日は、周囲の論理的すぎる人たちを観察して得られた知見を書きます。

論理的である、という状態を、センスで成し遂げている人がいる。
いわゆる「地頭が良い」人々だ。彼らは誰に教わったわけでもなく、日常的に論理的な思考を使いこなす。論理的な思考を感覚的に行っているのだ。

このような人々は、「論理センスが高い」のだ。「美的センス」とか「営業センス」とか言うのと同じで、論理に対するセンス(感度)が高い人は存在する。

「論理」と言えば、「言語や記号を用いて、2つ以上の事柄の因果関係から、合理的な結論を導くこと」と言ったことを指す。「センス」と言うと、「言語では説明できない、複雑かつ天性の人間の能力」と言うようなイメージを持つだろう。
論理は言語的帰結によるものなのに、センスは非言語的能力なのだ。言語に対して、両極端な立場を取る「論理」と「センス」が、一人の人間の中に共存しているというのも変な話である。

さて、この論理センスが高い人々であるが、意外なことに、「論理的とはどういうことか」について、論理的に説明するのが下手である。天才的な画家が、美術の教育者に向いているとは限らないのと同様である。論理も美術も、「センス」でやってのけてしまう人は、往々にして他者に教えることが下手である。「教える」とは、言語を使って他者に知識やノウハウを伝達することだ。非言語的能力によって何かを成し遂げる人は、それを言語化する必要がないことにより、他者に伝達する手段を持たない。(もちろん例外もいる)

そこで、論理センスの低いトフィーの出番である。論理的とはどういうことか、について、最近やっとわかりかけてきたところだ。よって、その理解を言語的にシェアしたいと思う。

論理を私の言葉で定義すると、「複数の物事の関係性を明らかにして結論を導くツール」である。例えば「AはBである、BはCである、よってAはCである」、これは間違いなく論理的である。複数の物事(A、B、C)の関係性(A=B、B=C)を明らかにして結論(A=C)を導いているからだ。

論理的な結論を導くには、因果関係を用いることが不可欠である。複数の物事の関係性という「因」から、結論という「果」が導かれる、という構造だからだ。論理的であることを志した瞬間、我々は因果関係の呪縛に平伏さなくてはならない。

しかし、この「因果関係」が曲者であり、論理センスの低い我々にとって鬼門なのだ。例えば、この文章を読んで、どう思うだろう。

"この製品は廃材を使用しているから、同じ値段の他社製品よりも品質が良い。"

「この製品は廃材を使用している」ことと「同じ値段の他社製品よりも品質が良い」ことが、どうして因果関係によって結ばれているのか、ほとんどの人はわからないだろう。いわゆる「論理的飛躍」と呼ばれるものだ。

飛躍した論理の内訳を記載すると、このような文章になる。

"この製品は廃材を使用しているから、原料調達コストが安くすむ。原料調達コストが安いから、製造機材にコストをかけることができる。製造機材にコストをかけることができるから、他社製品と同じコストで高品質な製品を製造できる。他社製品と同じコストで高品質な製品を製造できるから、同じ値段の他社製品よりも品質が良い。"

ここまで書けば、ほとんどの人に因果関係を納得してもらえるはずだ。

f:id:himojo_zemi:20180312013808p:plain

しかし、ここで立ち止まって欲しい。どうして我々は、一文目に納得行かず、二文目には納得するのだろう。
これを理解しないと、「論理的飛躍」の予防はできないはずだ。「論理的飛躍のある文章」と「論理的飛躍のない文章」の決定的な違いがわからないということは、例えば「論理的飛躍のある文章」を自分で書いてしまったとしても、それに気づけないからだ。

論理センスの高い人は、論理的飛躍のある文章・ない文章の決定的な違いをわかっている。ただし、それはセンスのレベルで理解してしまうので、我々論理センスの低い人に対して、言語的な説明は行われない。

そこで、論理センスの低いトフィーが、この問題について解説したい。

実は、二文目も、論理的飛躍は起きているのだ。しかし、この文章を読む人々の間で、ブレない共通認識が形成されることにより、それは「論理的飛躍がない」と合意されているだけなのだ。
例えば、「廃材」という単語を理解している人にとっては、「廃棄する予定だった材料」「本来は捨ててしまってもかまわないようなもの、値段をつけて取引するような代物ではないもの」という認識が一瞬で形成される。
この認識を基に、「原料調達コストが安くすむ」という結論を読むことで、「ああ、値段をつけて取引するような代物ではないものを、わざわざ引き取って使っているんだもんな、そりゃ安くて当然だ」という納得感をもたらすのだ。
こうした共通認識の形成が、全ての文と文の間で起きているため、ほとんどの人にとっては「論理的飛躍のない文章」として受け止めてもらえる。

例えば、もしも読み手が5歳児や日本語を知らない人であったりしたら、単語の意味も、そのバックグラウンドも理解していないことにより、二文目であっても、「論理的飛躍のある文章」として受け止められる可能性がある。
反対に、廃材から高品質製品が生まれる過程を知っている人であれば、一文目も「論理的飛躍のない文章」として受け止められるかもしれない。

論理的に間違っていないはずなのに、どうにも話がわかりにくい、という場合は、話し手と聞き手(もしくは書き手と読み手)の間で、前提となる情報の量的格差が大きく、共通認識の形成ができていない可能性がある。
勉強できる人が、できない人に対して、「どうしてこんなことがわからないのか、わからない」となる場面は、まさにこの「理解するための前提となる情報の量的格差」が原因である。互いに同等の情報量を持っていないことが認識されていないから、相手がどこでつまずいているのか…「どこに論理的飛躍を感じているのか」がわからないのだ。

つまり、論理的である、という状態は、「話し手と聞き手(もしくは書き手と読み手)の間で、共通認識が形成されるレベルの因果関係を明らかにした状態」を指すのである。そのためには、互いの情報の量的格差の度合いを認識し、相手に合わせた粒度で因果関係を刻む必要がある。

さて、ここまで、「論理的である」ということについて、できるだけ細かい因果関係の連続で、説明してきた。読者の皆さんに、「論理的とは何か」が伝われば幸いである。

今まで、論理的であるということを、こんなにも論理的に説明した記事があっただろうか! 相手との共通認識を正しく測る能力があれば、誰にとっても分かりやすい話し方ができるんですね。この意識はわたしにも取り入れられそう! それにしても、論理的思考を感覚的にやってのける人たちがいるのは、一見矛盾していてとても面白いですね。

頑張らない優しさ

なつめです。旅先での気づきをマンガにしてみました。

f:id:himojo_zemi:20180227000648p:image

f:id:himojo_zemi:20180227000655p:image

私は今まで困っている人には座席は譲るべき、譲らない人は冷たい人だと思っていました。でも今回の旅先での経験を通して、もしかしたら「譲らない」のではなくて「譲れない」人がたくさんいるのかもしれないと思ったんです。
周りからは分からないけれど、誰にでも心や体が疲れて人に優しくする余裕がない時ってありますよね。そんな時に自分を犠牲にして無理に親切にするのって本当に苦しいので、その時に余裕がある人が順番に親切にできたらステキだなって思って、今回の記事を書きました。
親切が大げさな事じゃなく、もっと身近で気楽なものになれば、みんな笑顔になれそうですよね!

心身ともにストレスの多い現代社会、もしかしたら「席を譲る余裕のない人」は多数派なのかもしれないなぁ、と、リアルタイムで電車に乗っている干物女は考えます。どの乗客もしんどそうに見えるのは、気のせいかしら…。
みんなが変わりばんこで親切をする…ステキな発想ですね。そしてもっと望むのは、みんなが席を譲るくらい余裕を持てる社会になることですね!