トフィー

【小ネタ】干物女が考える「男女の社会的役割=ジェンダー」

「男女の社会的役割」という価値観に対する、トフィーのスタンスと見解を述べています。 個人主義をこじらせています 仕事や出世、利益追求の関心が高くで、結婚・出産願望がない、という価値観で生きていると、「ジェンダーに対するこだわりがありそう」と…

女性活躍推進について、モテる女の行動特性から語る

「女性の細やかな気遣い」「気配りができる女」 こんな言い回しを聞くと、「女というものをわかっていないな」と思う。 多くの女は、気遣いだとか気配りだとか、「相手本位」で動いているわけじゃない。「相手の欲望を察知し、先回りして動くことで、自分に…

ENFPの人物像

こんにちは、トフィーです。いつもは強い問題意識をもって、周囲を観察し、自分の考察をまとめて記事にするのですが、本日はMBTIをネタに、自己観察しようと思います。※MBTIテストについてはこちらのリンクを参照:無料性格診断テスト | 16Personalities ENFP…

論理センスが高い人は論理的であることを論理的に説明できないから、トフィーが代わりに論理的とは何かを説明する

トフィーです。本日は、周囲の論理的すぎる人たちを観察して得られた知見を書きます。 論理的である、という状態を、センスで成し遂げている人がいる。いわゆる「地頭が良い」人々だ。彼らは誰に教わったわけでもなく、日常的に論理的な思考を使いこなす。論…

【小説】もしも経営コンサルタントが主夫になったら

「30代で家が建ち、40代で墓が建つ」--こんな揶揄を聞いたことはないだろうか。これはある大手メーカーの年収と勤務実態を表したものである。しかしこういった企業体質は、他にいくらでもある。その一つが某大手コンサルティングファームだ。 各国に拠…

新年干物はじめ

トフィーとなつめです。新年のご挨拶を申し上げます。 今年もよろしくお願いします♪

大人になっても学びたい!社会人向け研修に参加する人々

トフィーです。意識高い系なもので、社会人向け研修が大好きです。今までにも色んな研修に参加してきました。そういった場所で出会う人々にも特徴があるので、デフォルメしてお伝えしたいと思います。 社会人向け研修とは、何らかのスキルを持つプロの講師の…

旅行カバンの中に入っていたもの

なつめです♪先日トフィーさんと旅行した時に気付いた事をマンガにしてみました。 よく「マイペースだね」とか「何も考えてなさそうと言われる私ですが、実は割と気を遣う方で、それが自分でももう気付かないくらい自然と染み付いています。 なので、仕事でもプ…

男女の友情は成立するか、と問う人々

男女の友情は成立すると思いますか?…と、今まで何回話題にしてきましたか? この話題、結構盛り上がるのですよね。 「男女の友情は成立するか」という問いは、色んな場面で盛り上がる話題だと思います。統一見解があるわけではないので、自分が見聞きしたこ…

学歴コンプレックスに見る序列への盲従

トフィーです。学歴コンプレックスが起きる原因を解体しつつ、コンプレックス全般について言及してみました。コンプレックスについて考えれば考えるほど、「コンプレックスとはアイデンティティを形成する1つの要素なのかもしれない…」と考え込んでしまいま…

なつめさんと遊んだ時の話(トフィー視点)

ここ最近、なつめさんが、私と遊んだ時のことを漫画にしてくれました。自分がネタになっているのにも関わらず、あまりの面白さに、「次の漫画来ないかなー」と、読者目線で楽しんでおりました。 しかしその一方、なつめさん視点で書かれているため、どうして…

トフィー、「ていねいな暮らし」を始める。

「太陽のパスタ、豆のスープ」という小説がある。宮下奈都さんが書いたものだ。20代後半の女性「あすわ」が、婚約者に婚約破棄されたところから、物語は始まる。幸せの絶頂から不幸のドン底へと落とされたあすわが、「ドリフターズ・リスト(やりたいことリス…

人間観察されるのは怖い

皆さまごきげんよう、トフィーです。ちょっと自ブログのアンチテーゼみたいな話をしたいと思います。先週のなつめさんの記事に引き続き(笑) 人間観察されるのって怖い 過去に出会った人の中で、人間観察において「自分以上だな」と思わされた方がいました。…

人に甘えるということ

トフィーです。甘えと寂しさ・辛さについて語ります。 この前、久々に会った女友達に、最近の恋愛状況はいかがか、と聞かれました。 実は私が急速に干物化したのは、ここ数年ほど。私の干物化を知らない女友達だったので、相当驚かせてしまいました。 私「恋…

ヨッピー主催の「サイバーエージェントの金で飲む会」に潜入してきた

こんにちは、トフィーです。超売れっ子ライター・ヨッピーさん主催の飲み会に参加してきました! ネットで超人気者になる人は一体どんな人なのかを見極めたいそして私も人気ブロガーになる秘訣を盗むんや(ゲス顔)という超純粋な気持ちでお会いしてきました。…

干物女としてのあり方

こんにちは、トフィーです。最近、ありがたいことに、ブログを読んでくださる方が増えました。そして同時に、「そもそも干物女とは?」という声も聞こえるようになってきたので、ここいらで私なりの見解を掲載します。 一般的な干物女 恋愛を放棄したような…

天職に転職できたので成功要因を語る

トフィーです。今の仕事が楽しくて仕方ないです。自分でも「天職だなぁ」と思っています。そこで、今の仕事に出会うまでの転職活動中のことを振り返ります。転職を検討している人にとって良き情報提供になることを目的とした記事です。 理性と感性ともに「OK…

当事者意識が怒りを癒す

こんにちは、トフィーです。仕事の場面で気付かされた、人間の怒りの性質についてです。 私の会社は企業向けのサービス業です。私もそのスタッフとして、お客様の会社に合ったサービスを提供しています。お客様との距離の近さや、価値を生み出している実感を…

リストラになる人の4つの特徴

こんにちは、トフィーです。実は、過去に勤めていた職場で、リストラが行われたことがあります。その時、私は人事部にいて、リストラに関する実務にあたりました。当時の経験を踏まえ、リストラを行う企業と、その対象になる可能性がある人の特徴についてま…

おはようって言うとおはようって言う奇跡

トフィーです。最近起きた、職場での小さな奇跡です。 転職して数カ月経ちました。今の仕事は非常に充実しているのですが、唯一不満だったのは、社内の雰囲気です。 ドライ、ドライすぎる。 いや、私も割とドライな性格なのですよ。村社会的なコミュニティは…

無口なココロ

トフィーです。なつめさんが以前書いた小説「おしゃべりなココロ」から着想を得て、オムニバス的な続編を書きました。とある会社の人事部の様子です。 「中山さんは気が利くねぇ」 職場では、今日も後輩が褒められている。俺から言わせてもらえば「点数稼ぎ…

ストレングスファインダー資質分類の可視化ツール作成

こんにちは、トフィーです。ストレングスファインダーの4つの資質分類を利用して、ストレングスファインダー34の結果を可視化したツールを作ったので、配布します。 ストレングスファインダーテストをwebで受けたことがある方を対象としたツールです。 以下…

鬼達の巣窟・すごい豆まき2017に潜入観察してきた!

トフィーです。今日は日本の文化である豆まきについて、民俗学的・文化人類学的…ではなく、体当たりで記事を書きますよ。 2月のイベントと言えば〜〜〜〜〜?? 豆まきーーーーー!!!!! 日本人であればこう即答するべきだし、干物女なら尚更のこと。とい…

不機嫌な口紅

トフィーです。干物女には珍しく、化粧について語る記事ですよ。 町中を歩いていたとき、真っ赤な口紅を塗った女性とすれ違いました。服装もオシャレで、思わず目を向けてしまう方でした。 だけど、その時私が抱いた印象は、「幸薄そう」でした。 町中で一瞬…

ストーリー型報連相の上司との会話

某日、会社にて。 私「結論は○○です。理由は××です」 上司「つまり××だから○○なんでしょ?」 私「……はい、おっしゃる通りです」 素材利用:いらすとや どうも、トフィーです。ストーリー型報連相の上司との日常です。できるだけ簡潔にやり取りしたいのに、上…

仕事の進め方をモチベーションエリアの観点で観察

皆さまごきげんよう、トフィーです。本日の話題は「草食系職場における肉食系社員」についてです。いわゆる「草食系男子」「肉食系女子」のことではありません。「金銭的報酬以外の何がその人のモチベーションになっているか?」によって、草食と肉食で分か…

人とのご縁とか偶然とかシンクロがやたら起きる。

どうもどうも、トフィーです。ご縁って不思議だよね〜、という話。 そんなにスピリチュアルなことに関心を寄せる方ではないのですが、歳をとるごとに、「人の縁」みたいなものの引力を感じます。 特に2017年になって、そういうことが度々起こりました。 学生…

干物女推薦!乾いた心に笑いをもたらすWEBライター3選

こんにちは、トフィーです。本日はオススメWEBライターをご紹介します。スルメのように乾ききってしまった女心にも、「天才かwww」と笑わせてくれる方々です。 え、人間観察じゃない? WEBライターという職業の人々を、記事を通して観察しているのです! 勢…

ブラック企業討伐RPG

ーーかつて、この広大な地は、労働者を苦しめる「ブラック企業経営者」によって支配されていた。 ブラック企業経営者はあらゆる搾取を行った。ブラック企業経営者の私腹を肥やすため、配下であるブラック企業幹部達は、労働者に、暴虐の限りーーサビ残強要、…

イケメン上司の観察〜内向的思考と内向的感情〜

皆さまごきげんよう、トフィーです。最近転職したんですけど、上司がイケメンで目のやり場に困っています。かっこよすぎて、目が合うとなんか恥ずかしいんですよ。 でも記事にしがいのある人だし、そんな羞恥を乗り越えて観察した内容をまとめます。 分析と…