読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仁義なき闘い ダイエット死闘篇 ~観察対象:体型コンプレックス~

トフィーです。

なつめです。
10月に入って、秋も深まってまいりましたね。
秋と言えばー、何と言っても食欲の秋!!

食欲の秋と言えば体重増し増し!肉壁ブヨブヨ!ダイエットしなきゃやばい!!
で、ダイエット始めると、周囲の反応など観察しがいありませんか?

ざ、残念ながらわたし自身は、周囲の反応が変わるほどダイエットした事がなくて、ですね。
いや、今日も白米が美味しいです……はい……。
ということは、トフィーさんはダイエット猛者なのですか?!

ダイエット猛者!何その称号!

猛者かどうかわかりませんが、一度だけダイエットによって様々な人の反応を見る機会がありまして、ぜひなつめさんや皆さんと共有したいなーと。ですので、本日はその考察を重ねたいなと思います。
私は最近白米より小麦中毒です。ラーメンめっちゃうまい。

確かに、最近ソロラーメン率高いイメージ(笑)

その話すごく興味あります!聞きたい聞きたい!

ダイエットに関する周囲の反応事例

過去に10キロ痩せたとき、色んな友人や親戚から「痩せたねー!」と驚かれたのですが、2人の友人からは絶対に言及されなかったんですよ。
で、その2人は、過去に私に「太ったねー」と言って来た2人でもありまして。
悔しすぎて自ら「10キロ痩せた」と自己申告したら、「え、気づかなかった」と言われたんですよね。
え、本当かよ!?と、更に悔しい気持ちにさせられたっていうエピソードなんですけど(笑)

えっ!!10キロはすごいっ!
それはもう猛者を名乗ってもOKですよ。
でも、さすがにそれだけ痩せたら気づきますよね?

わかりやすい数値で言うと、スカートが7cmサイズダウンした程度には、体型変わりましたね。

7cmって結構変わりますよね。
それで「気づかない」は、めちゃくちゃ鈍感か、それとも嫉妬で認めたくなかったのかどっちかでは?
あっ、もしかしてその友人2人は太ってるとか!

それがですね、彼女達はモデル並みにスレンダーなのですよ! 友人との写真撮ったら、大体周りより一回り小顔で細いような子達です!

えー!意外!
てっきり太ってる人のやっかみかと思ってました。
でも、そんなにスタイルのいい2人なら嫉妬する理由なんてないもんね。不思議!なんでだろう。
……普段から彼女たち、体型に関する発言が多かったりしますか?

あー、多いですね!特に内1人は、太っている人に対して、かなり攻撃的なことを言いますね。
例えば「デ○は電車の席2人分使うからほんと害悪」とか。

うっ!今なんか刺さった!なんか刺さったぞっ。
いや、2人分はまだ使ってませんよ?使ってませんけどね?
結構きつい事言うなぁ。

私も心では吐血しています…もう体重リバウンド済みなので…。

私達の諸事情はとりあえず棚上げしておいて、たしかに「○ブに親でも殺されたのかな?」と思うくらい、きついんですよね。
もう1人の子はここまでではないけど、周囲の人が太ると率先してデ○いじりするところはありましたね。

デブデブ言い過ぎやろがぁぁぁ
ってのは置いといて、彼女達にとって、人の優劣を決める上で、体型がすごく重要なものである事が見えてきますね。

伏字にしてるのに!(笑)

なつめさんにも、ダイエットや体型にまつわる観察事例ってありますか?

うーん、そうだなぁ。
事例って程ではないんですけど、よくダイエット本とかに「ダイエットする時は周りに公言した方が達成しやすい」ってアドバイスありません?
実際、ダイエット宣言してる同僚がいるんですけど、あのアドバイスね、嘘です!(笑)

おっとおっと、これは面白そうなエピソードだぞ!(笑)

これね多分あるあるだと思うんですけど、ダイエット宣言した途端、周りの同僚がめっちゃくっちゃ優しくなるんです。
例えば「これ人気店の限定スイーツ買ってきたんだけど、みんなで食べよ♡」とかね(笑)
これを断ろうもんなら大変ですよ!
「えぇーこんなに美味しいの食べられないの?かわいそー」ときますからね。

おっとわかりやすい妨害行為ですね!
妨害している人達は、本当に意地悪で妨害しているような感じなんですか?

例えば、周りの同僚が「ダイエットなんてする必要ないのに」って普段から言っているタイプなら、ただの無配慮という可能性もありますけど、そうじゃないんですよ。
しょっちゅう「痩せなきゃやばい!」って言ってる人達なのに、突然差し入れしまくり、これ見よがしにスイーツ食べまくりなので、意図的に妨害してるとしか思えなくて。

妨害工作の匂いがプンプンしますねぇ…(笑)
痩せたいけどダイエットはしたくない、そして真っ当にダイエットしようとしている人を応援できず妨害…という意図を感じ取ってしまいます。

本当にそのとおりだと思います!
本来なら、「じゃぁ一緒にダイエット頑張ろ!」ってなってもおかしくないのに、妨害ってね(笑)
なんでそんな行動に出ちゃうんだろう?

痩せて欲しくないんでしょうねえ……痩せられると、一緒に並んだ時に、相対的に自分が「デ○」ということを認めざるを得なくなるので、そういうことに対する焦りや不安、不快を感じてしまうのかもしれません。

なるほど。
自分と相手の容姿を比較し、優越感や劣等感を抱いて一喜一憂しているんですね。
彼女たちからしたら、自分の価値が上がるか下がるかが、かかっている訳ですから、そりゃ同僚のダイエットは死活問題です!
この、体型に対する過剰な執着。いわゆるコンプレックスってやつでしょうか?

あ、体型コンプレックス、あるかもしれないですね!
劣等感だけでなく、「私はあの人よりも優れているわ」という優越感を抱いているケースであれば、私が先に話したモデル体型の友人2人の事例が当てはまるかもしれません。
私の友人2人も、なつめさんの同僚達も、体型コンプレックスという点で共通しているように思えてきました。

わぁ!その気付きは面白いですね!
スタイルが悪い人がコンプレックスを抱くという流れはすぐに理解できるけれど、スタイルが良くてもコンプレックスを抱いているという訳ですか。
でも考えてみると、トフィーさんの友だちの体型に対する過剰な自意識。
裏返せば、「痩せていてスタイルがいいから私には価値がある」=「太ってしまえば私には価値がない」と考えている事にもなるわけで、そう考えると彼女たちもまた体型コンプレックスを抱えてると言えるのかもしれませんね。

体型コンプレックスだとすると、自分の価値を揺らがせないための発言や行動に出ることも納得できますね。
痩せた人に対して「痩せた」という事実を(故意か無意識かは置いておいて)認知しないことも、痩せようとする人に対する妨害も、自分の体型に対する価値意識を固守するため。
周囲と自分を比べることで、自分の価値の高低を決めてしまっている不安定さを見出してしまいます。

自分ではどうする事も出来ない部分で、自分の価値が変動してしまうなんて、とても脆い自尊心ですね。
周囲の変化に常にピリピリしていないといけないから、幸福感が失われたり、不安定さゆえに攻撃的になってしまいそう。
それにしてもその攻撃の矛先が友人に向けられてしまうのは、なんだかとても悲しいですね。

友達への攻撃…フレネミーの話を連想させますね。体型に限らず、コンプレックスが友人をフレネミー化させる可能性があるのかも?
人間観察の題材としてはすごく興味深いテーマです!

フレネミー!わたし最近ようやくその言葉を知って、すごく気になっていたんです!
友だちなのに敵ってどないやねん?!って。
次の機会に、是非フレネミーについて詳しく知りたいです。

 

f:id:himojo_zemi:20161002153946j:plain

 

あと、あの……。
「体型コンプレックスのせいで、トフィーさんの激痩せに気づかないふりをした説」で落ち着いたところを混ぜ返すようで、申し訳ないのですが……。 話しながらもう一つの説を思いついてしまって。

お!新説、気になります!

あのですね、あくまで仮説ですよ?
彼女達にとって「痩せている=通常仕様」だから気づかないけど、 太った時には「異物認識」して瞬時に察知し、血液中のマクロファージ並みの働きで、異物を排除しようとし出……いや、なんでもないです!

その免疫、過剰反応すぎませんか!?アレルギーですか!?私は彼女達のアレルゲンなんですか!?

じゃぁ結論、デブアレルギーって事でよろしいですかね!

やめて!デブはアレルゲンと一緒で本来無害なのよ!っていうかデブって言わないで!

いや、この仮説を打ち立てた時点でわたしも満身創痍ですから……。
とりあえず食欲の秋とか言ってないで、スポーツの秋で、一緒にダイエット頑張りましょうか。

あ、明日から頑張ります…。

【次回予告】
10月5日(水)は、トフィーによる小ネタ更新です。また遊びにいらしてくださいね♪

広告を非表示にする