読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

干物女の旅にっき 〜観察対象:旅仲間〜

この前は岡山・香川旅行、ありがとう! おかげで楽しい旅になったよー。

こちらこそ遠くまで来てくれてありがとー!普段からよく話してるから驚かれたけど、何気に初対面でしたね。

そうなんですよね(笑) 初対面だけど、似ていることも多くて初対面感がありませんでした…。人間観察ゼミらしく、お互いの対面時の印象でも話します?

うんうん。わたしの第一印象は過去記事にも書いたけど全然おっきくない!!って思った!


いやー会う前に「過去最高に太ってる」と何度も念押ししておいて良かった…岡山旅行の後に更に+2キロしたんですけどね…。

美味しいものたくさん食べたもんね!

 

私がなつめさんに感じた第一印象は、「めっちゃ安心する人だ!」ってことでした!

私と違ってすごくいい事言ってくれとる!旅の中でも「岡山にいる時のわたしは肩肘張ってない」みたいな事言ってくれてたよね。

そうなんですよ! 普段何かと「失敗したらいやだな、できない人と思われたくないな」と思いがちなんですが、岡山にいたときは完全に素の自分で、取り繕ってませんでした。

頑張り過ぎでしょ。

自分を追い詰めながら、生きていく。

普段いくら仲良くても、いざ会うとなんか違うってなったり、ましてや3日間も一緒に過ごすと、何かしら合わない部分が出てきたりするのはよく聞く話だから、そうやって自然体でいられたって言ってもらえるのはすごく嬉しいなぁ!

実は友人と旅行に行くと、相手の嫌なところを見つけて、どこかモヤモヤして帰ることが多くて。そのせいで、「私は友人との旅行が向いていない人間なのかな?」と思い、ひとり旅する人間になった…という背景があるんですよね。
でも今回の旅行で、「相性が良ければ、友人との旅行もちゃんと最後まで楽しめる」というのがわかりました!

おっ!「相性良い」……告白かな?

わたしも相手とのペースが合わなくて、楽しめなかった経験あるから分かるわ〜。
トフィーさんは今まで、例えばどんな場面でモヤモヤする事があった?

大学の卒業旅行のときの話なのですが、旅先のレストランで一括会計する際、それぞれの出す分やお釣り計算するとき、みんなうまく暗算できず揉めてしまって。私が「こうすればいいんじゃない?」と言っても、ヒートアップしている友人はそれを聞き入れず、ひたすら自分の考えを述べ続けているんですよ。
結局、私が言った方法で計算すればいい、ということに彼女も気付くのですが、まるで自分が考えついたかのように言うので、イラっとして「私がさっき言ったじゃん」と、つい言っちゃったんですよねぇ。
若さゆえに我慢できませんでしたねぇ。

なにそのエピソード!予想以上にしょうもなくて笑った。
わたしよくマイペースって言われるけど、そんな事でぶつかりあった事ないなぁ。それ旅関係なく、ただ人として相性が悪いだけでは……。

人として相性が悪いとなると、その友人達と4年間一緒にサークル運営していたのは苦行だったということに…。サークルでの企画運営は悪くなかったと思うので、活動目的があるときの相性の良さと、プライベートでの相性の良さは違うということなのでしょうか?

それはあるかもね!主体的に行動できる人が複数いるのは、仕事や活動においては良い相乗効果を生むこともあるし。ただ旅先でも同じスタンスだと、そりゃ肩肘張って疲れるわなぁって今なんか妙に納得してしまった。

納得された(笑)
なつめさんの旅行中のモヤモヤエピソードも聞きたいです!

ペースとか体力が合うってのも、旅行においてはすごく大事だと思うんだけど、それが合わなくて。
お家でのんびりするのも好きだけど、せっかくの旅行だから色んな事楽しみたいのに、相手がお昼になっても起きてくれなくて、ウズウズしながら待ってたのね。ようやく昼から出かけたんだけど、すぐに「疲れた」って言い出して、スタバで2人、休める場所をスマホで検索しながら、わたし遠くまでお金かけて来て何してるんだろう……って我に返って、こっそり泣きました(笑)

それは酷いな! 何のための旅行なんだ…国外ならともかく、国内旅行でのスタバ休憩…これはアウトです…。
こう考えると、ペースや相性の合う・合わないが如実に問題化するのが、旅行なのかもですねぇ。

スタバ休憩ってのは私は全然良かったんだけど、そこでその後休めるようなプランを提案してもことごとく却下されて、もう本当に悲しくなってしまったの。
どちらかが常に我慢して相手のペースに合わせたり、どちらかが常に提案する側になったりするような、アンバランスな旅は疲れるだけでダメだね。

旅行って、観光や寝食を共にするから、そこでズレを感じると、すごく不満が出やすいんですよね。「どのような時間を過ごしたいか」が顕在化しやすいし、その違いが相手を悪く見えさせるのかも。
さっきの会計エピソードのときも、「何でこんな不毛なことで時間使ってるんだろ…」という気持ちが強かったし。

うんうん。旅行に限らずだけど、使った時間とかお金を「それだけの価値なかった」と思ってしまうと、虚しさしか残らないよね。
旅行や共同生活において、違いがあるのは仕方ないから、そこをどう折り合って行けるかだと思うの。どちらかが一方的に我慢するんじゃなくて、お互いの「ここは絶対譲れない」っていう所を尊重しながら、その他の所を削ぎ落としていって相手に合わせられたら、ずっと良い関係でいられそうだよね。

それが難しいんですよねー! そこを上手くやれる人はきっと干物にはならないのかもしれない…。
今回のなつめさんとの旅行は、とてものびのびさせてもらえたので、ペースが似ていたからか、なつめさんがめっちゃ我慢してくれたかのどちらかですね(笑)

f:id:himojo_zemi:20161102092610j:plain

▲のびのびしているトフィー

わたし自身はアクシデントも含めて楽しめる方だから、行き当たりばったりの旅は好きなんだけど、初めての人と旅行いく時って、めっちゃ細かくリサーチしてプラン立てちゃうんよね(笑)これは職業柄もあると思うけど、相手のニーズや突然のアクシデントに合わせて、色んなバージョンを提案出来る備えがないと不安になっちゃう。
でも今回は大体の行き先を考えてたくらいで、特に何も準備してなかったな(笑)

なつめさんが誰かと旅をするときは、細かくプランニングしてしまう…という話は聞いていましたが、私がかなりアバウトな旅をしてしまう人間なので、そうならなくて気楽だったなーと(笑)
お互い本来のスタンスで旅行できた感じかな?

そうだね。「なんか緑の変なもんいる!」って、突然ハンドル切って停まった道の駅で、美味しい柚ソフト食べられたり、看板見て「あっ!滝あるね!行く?」ってその場のノリで、穴場な絶景スポットに出逢えたり、すごく良かったよね!

f:id:himojo_zemi:20161102092706j:plain

▲緑の変なもんとなつめ

f:id:himojo_zemi:20161102092514j:plain

▲穴場な絶景スポット

本当に最高でしたね〜! 偶然の発見で、その地ならではのものに出会えるのは、本当に旅の醍醐味…!
でも、行き当たりばったりだったのに、全然外れの出来事がなかったのもすごい。なつめさんの運転の勘が冴え渡っていました!

どんな状況でも不満に思う人っていると思うの。そういう人からすると、実際は「外れ」の事もたくさんあったんだと思うよ。
例えば、大体は冴えてたわたしの野生の勘も、帰り高速乗ろうってなった時に逆方向乗っちゃったし、紅葉にはちょっと早すぎてほとんど色づいてなかったし(笑)
でも二人ともがそれを「外れ」と思わずに楽しめる人だったので、すごく楽しい旅になったんだと思う!

f:id:himojo_zemi:20161102093100j:plain

f:id:himojo_zemi:20161102093121j:plain

▲まだまだ緑の多い山中。染まっているところは染まっている。

言われてみれば(笑) 高速道路で100キロ出すなつめさんのスピード狂っぷりが面白かったし、なぜか唯一紅葉してたモミジを撮りまくるおじさんとの会話も旅らしくて良かったんですが、不満を言う人もいるかもですねぇ。
つまり、二人とも外れ判定が異様に甘い、という(笑)

いや、何度も言うようだけど、トフィーさんが免許持ってないからそう思うだけで100キロって普通だからっ!!……コホン。さっきの割り勘の話みたいな不毛な言い争いはやめよう(笑)
でも旅行を楽しむ上で、外れ判定のラインが揃っているかどうかって、実は一番重要なんじゃないかな?旅先のアクシデントに対してもだし、例えば道を間違えたパートナーに対しても。そこを「ないわー」と思ってしまうか「面白い」と思うかで、良い旅にも悪い旅にもなるよね。

外れ判定のライン…納得…! それだー!
言われてみれば、私は自分よりも外れ判定が厳しすぎる友人とばっかり旅行をしていたのかも…。

外れ判定が厳しいのが悪い事だとは言わないし、そこを満たした時にはすごく充実した旅行になるんだろうけど、単純に自分とラインが合わないと疲れてしまうよね。
私としては、今回の旅で他にも「無理はしない」を自然と実践できた場面があって、それが良い旅に繋がった気がするなぁ。

私もなつめさんも頑張りすぎるところがあるので、お互いに自然体で楽しめたのは本当に良かったですね!
確かになつめさんが無理してる感じはなかったです。「ここは無理しないようにしよう」って思った場面とかありました?

そうだなぁ。意外だったのはネットに強くて、普段の会話の中でもすぐにググって教えてくれるトフィーさんが、ナビは全然ダメで(笑)まぁ普段する機会ないから、今考えると当たり前なんだけどね。
で、普段の私なら運転もナビも行き先決めるのも……って頑張っちゃうんだけど、それすると疲れちゃうなって途中で気付いたから、トフィーさんにナビはお願いして。あの時密かに、自分成長したなって思ってました(笑)

ほんと役立たずで申し訳ないレベルのナビしかできなかったけど(笑)
でも少しでもなつめさんの負担が軽減できたなら、本当によかったですーめちゃくちゃ運転してもらったので。
余談ですが、あれ以降、車に乗せてもらう時にナビを開く癖がつきました。地名や道を見るの面白い…。

トフィーさんのスキルアップと新たな楽しみ方の発掘に繋がったのなら、こうやって頼るのってお互いの為になるって事だね!
他にも、最終日これからどうする?ってなった時にトフィーさんに決めてもらったカフェ一帯も、お洒落で居心地が良かった!しかも、そこが偶然フェリー乗り場の前で、帰りフェリーで帰ることにして、1時間お昼寝できたのも元気出た!
自分がムリしない事で、いい事がたくさんあるんだなって分かった旅でした。相手に頼るのって大事だね。

f:id:himojo_zemi:20161102092315p:plain

なつめさんにとっても新たな発見が多い旅になったみたいで何よりです! 旅を通じて人や自分を観察し、気付きを得る…まさに人間観察ゼミらしい旅行になったのでは!
と、無理やりまとめて、今回の対談を締めくくろうと思います(笑)

次回はトフィーさんち方面に遊びに行って、旅レポ対談出来たらいいな。いつになるか分からないけどお楽しみに!(笑)

【次回予告】11月9日
なつめによる小ネタ更新です♪
わたしってそんなに干物かなぁ?って話を書きます(笑)

広告を非表示にする