読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かっこいい大人たち〜価値観を元に現実を生きる〜

トフィー 友達 職場

皆様ごきげんよう。トフィーです。
今日は少し趣向を変えて、かっこいい大人たちの観察記録をつけたいと思います。今まで、自分の対人関係上の不満から生まれる記事が続いたので…(笑)
私が直接出会ってきた、素敵な大人たちをご紹介したいと思います。

骨の髄までエンターテイナーのOB

大学時代のサークルOBの方。彼を説明するとしたら、こんな具合になります。「カリスマ性、飛び抜けた地頭の良さ、自由人、言うこと為すこと全てが面白い、緻密な思考と突飛な行動のアンバランスさ」…とにかく、変わり者のエンターテイナーでした。
そんな彼の仕事論を、一度だけ聞いたことがあります。
「仕事なんて暇つぶし。暇つぶしで金もらってるんだから、楽しめばいいんだよ。仕事をいかに早く終わらせるか周りとタイムアタックでもして」
いつも大体ふざけたことしか言わない人なので、これ以外の仕事論を聞いたことがありませんが。
これを聞いた当時、私は大学3年で、初の就職活動を始めた時期でした。世の中に出回る就職活動の一般論として、『できる社会人なら「やりがい」「成長」「貢献」などの前向き思考が当たり前』といった説を疑わず受け止めていた私は、仕事ができるくせに肩の力を抜いて一歩下がった彼の考え方に、目から鱗が落ちる思いをしました。

社会人になってから痛感したのですが、変に肩の力が入りすぎていると、パフォーマンスって出ないのですよね。情熱が空回りして、能力や効率を奪ってしまうというか。

いつも周りを楽しませる彼は、自分自身も楽しむことを追求する人でした。

ベストコンビの上司二人組

新卒入社した会社(以下、A会社)の、上司二人組。彼らには本当にお世話になりました。
彼らは元々別の会社(以下、B会社)で働いていて、一緒に転職してきました。まさにコンビのように息の合った二人でした。

B会社でも管理職としてバリバリ仕事をしていた2人。その実力はA会社でもしっかり発揮していました。
パワハラが当たり前だったA会社の中で、中立を守りながら部下である私を庇護してくれて、心身衰弱しきっていた私を最後まで見捨てずにいてくれました。

一番感謝しているのは、今でも私の中で、彼らのあり方が、理想的なビジネスパーソン像であることです。

彼ら、今では独立して会社経営しています。

彼らは、社員を人として・仲間として捉え、どうやってチームのパフォーマンスを上げるかを重視していました。とても共感する考え方ですし、会社が成長したら多くの人が気持ち良く働ける会社になるのだろうな、と思います。
二人には心底憧れるし、頑張って欲しいです。ビジネスパーソンの理想の姿として、今でも私の仕事へのモチベーションになっています。

家族のため、と迷いなく言い切る幼馴染

もう20年以上の付き合いになる幼馴染がいます。今では彼女は子を持つ母です。子育ても少し落ち着いたので、そろそろ仕事しようと考え始めている、と話していました。
「何か希望とかあるの?こういう仕事がいい、とか」と、私は何気なく聞きました。
「子育ての融通の利く仕事」と、彼女は当然のように答えました。
「家庭第一だから、仕事の内容は選ばない」と。

それまで私は、仕事内容第一で、仕事の条件は後回しに考えていました。それは今でも変わりません。
しかし、守るべきものをしっかり守る彼女の優先順位は、私とは真逆でした。
自分とは全く違う生き方、考え方をしている幼馴染。しかし私は彼女のあり方がとても好きで、敬愛しています。

彼女と私は全く違う人生の目標を持っていますが、日々をより良く生きていこうとする点において、私は彼女に共感を抱いているのです。

結局、かっこいい大人って。

3つの事例を通して、私から見た「かっこいい大人たち」をご紹介しました。それぞれ全く違う人物像・人生観かと思いますが、私がどうして彼らに敬意を抱くのかと言うと、彼らが自分の価値観を信じ、それを判断基準として、現実を生きているからです。そして着実に、自分の希望を実現しているからです。

f:id:himojo_zemi:20161113075707p:plain
※素材利用:シルエットAC

反対に、私は迷いの多い人生を送ってきたので、何度も自分の価値観を信じられなくなったことがあります。それでも結局戻るところは同じなので、やはり自分が進めむべき道はこれだと、今では確信しています。
自分の道を確信したからには、ちゃんと現実として生きること。私もかっこいい大人の仲間入りをしたいものです。

仕事絡みの話題ばっかりになってしまうのは、私の価値観がそこにあるから…ということでご理解いただければ幸いです(笑)

揺るがない価値観を持っている人ってとっても素敵です。私もそんなカッコイイ大人になりたい!
「趣味は人間観察」というと、ちょっと意地悪で皮肉っぽい視点を持ってると思われがちですが、実はこんな風に人の良いところもたくさん発見できるんですよね。「人間観察ゼミ」のイメージアップに繋がったでしょうか?(笑)

次回予告
11月16日(水)はトフィーによる小ネタ更新です!私、過去にこんな美容師に会いました…と言う話。

広告を非表示にする