色恋接客の美容師にご用心

こんにちは、トフィーです。本日は過去に会った美容師のエピソードです。

それはお気に入りのブログを読んでいた時のこと…。

以前切っていただいた方で、この方は相性が合わないと一回で止めた方が居ました。
全く喋らない方だったのですが、やっと会話してきたと思ったらその内容が「チャラ男に見えますがヤリまくりですか?」でした。

 

その方の外見は40歳近いのに初会話がコレってバカなのか?と思いました。
場の空気を悪くしたくないので笑顔でそんなことないですよと言いましたが、すぐ担当を変えてもらいました。

 

担当美容師が変わるのは、彼女との別れぐらい悲しい - ぬぉー!!!と叫びたがってるんだ、。 

あはは、ぬぉーまんさん不運だなぁ。かわいそうに。(←嬉しそう)

ん?いや、これ、他人事じゃないぞ。私もそう言えば…

そう…心の奥底にしまい込んでいた、過去の記憶の封印を解いてしまったのです。

7年ほど前、気に入って通っていた美容室がありました。値段が手頃で、立地も良かったのです。まだお気に入りの美容師さんを見つけたわけではなかったので、毎回担当の方を変えてもらっていました。「特にお気に入りの人を見つけたら次は指名しよう」、そう思う程度には、美容室そのものに愛着を持っていました。

「これはやめておいた方がいいですね。ちょっと僕に任せてもらえますか」

今日の担当美容師は、はっきりした物言いをするイケメン男性。年齢は私より少し上…というところでしょうか。初めてなのに、いきなり否定から入られて戸惑いましたが、「こういう人の方が技術とかすごいのかも」と思い、そのまま任せたのです。

シャンプー…しますね♡

髪の毛…乾かしますね…♡

切っていきますよ♡

f:id:himojo_zemi:20161113141204p:plain

耳元!近い!吐息!キモい!

いちいち耳元で吐息混じりに話しかけてくるのです。
「何この勘違い美容師!!疑似恋愛気取りかよ!!!!」
…というクレームは胸の内にしまい、私はこの日からこの美容室に行くことをやめました。

最初の注文の否定や、色恋営業めいた接客(お客に恋愛感情を持たせて指名を取る手法)からして、自信過剰のナルシストだったのだろうなぁと思います。
こういう接客って、嫌な気持ちになる人が多いと思うんですけどね。皆様も色恋接客にお気をつけくださいませ。

引用させていただいたブログ様

www.nuohman.net

紹介させてもらったのはぬぉーまんさんのブログ「ぬぉー!!!と叫びたがってるんだ、。」。幅広い話題を、コミカルで感情豊かに語っている、素敵なブログです。

【次回予告】 次回更新は11月20日(日)「おしゃべりなココロ」
ちょっと趣向を変えて小説風にお届けします。

広告を非表示にする