ちょっと干物女の語りに付き合ってくれ。

いつもなら、クスッと来るようなネタを…と思いながら小ネタ記事に取り組んでいるのですが、今日はちょっとアンニュイな記事にしようと思います。トフィーです。
ちょっと干物女の自分語りにお付き合いくださいな。

干物なので毎晩当たり前のように一人で過ごしています。で、私はこの時間が好きです。アロマを焚いて、ハーブティを飲んで、ネイルを修正する…こうしている間が、一番癒されます。至福の時間とは、まさにこういうことを言うのだと。

f:id:himojo_zemi:20161130055227j:plain

こうやって書くと、キラキラ女子気取りかよ!って自分でも突っ込みたくなるのですが。

ただ、こういう時間を過ごしているとき、「この孤独感がいいなぁ」と心底思っている自分がいます。

この穏やかな夜は、一人で過ごすから良い。一人でなくては、夜の静けさに気付けないし、心の声が聞こえない。それなのに、多くの人はこの時間を蔑ろにして、自分を見失っているように思うことがある。

こんなことを本気で考えている自分は、正真正銘の干物女なのだろうなーと思います。

人の輪に入っていくのも、楽しくて大好きなんですけどね。でもそれと同じくらい、孤独な自由も大好きです。

以前なつめさんがセミと非リアはほんとうに「可哀想」な生き物なのかという記事を書いていました。私はきっと来年の夏も、幼虫のように土の中で悠々自適に過ごしているのでしょう。そしてその頃には「干物女といえば干物女子大学」と世間に認知されていることでしょう…!

f:id:himojo_zemi:20161129070334j:plain

※アンニュイなイラストが描けなかったので、代わりにネイルアートしてました。

過去の記事 

文中で引用した記事はこちらです。himojo-zemi.hatenablog.com

 

次回予告
12月4日(日)は対談記事です!置き忘れてきた心の機能について語り合います。

広告を非表示にする