干物女推薦!乾いた心に笑いをもたらすWEBライター3選

こんにちは、トフィーです。本日はオススメWEBライターをご紹介します。スルメのように乾ききってしまった女心にも、「天才かwww」と笑わせてくれる方々です。
え、人間観察じゃない? WEBライターという職業の人々を、記事を通して観察しているのです!

勢いのあるルポ系WEB漫画家

最初にご紹介するのは、ルポ系WEB漫画家のカメントツさん。

www.kamentotu.com

カメントツさんのイラストや記事はよくRTされているので、見たことがある人もいるかもしれませんね。↓この可愛い絵柄がカメントツさんの絵です。

カメントツの漫画ならず道 第1話 | サンデーうぇぶりより

f:id:himojo_zemi:20170101213955p:plain

日々の「トホホ」な出来事を面白おかしく描く、というスタイルから始まった彼ですが、今では多方面に活躍の場を広げていて、その度に話題になっています。

【カメントツのルポ漫画地獄】ヒプノセラピーに行ってきた編
「マジかよ!催眠療法こわっっっっっ!!!!!」ってなった記事。自分ならまず一生訪れないであろう、だけど気にはなる…という場所に惜しげも無く突撃し、コミカルなのに的確な描写でルポをするセンスが大好きです。ボクサーパンツゥ〜。

あと、「あずきバー」が硬すぎて井村屋に乗り込んだ話←こちらの記事はYahoo!トップニュースで取り上げられたらしく、話題になっていました。「やれた!おいしい!」に死ぬほどツボった。天才かよ。

笑える記事だけでなく、心の琴線に触れる、優しくも鋭い記事を書かれるのも見逃せません。ぼくは、せんそうをしらない。や、【漫画】熊本震災の「現場の声」を取材してきた話といった記事を読んで、すごく繊細な感性をお持ちで、それを見事に表現できる人なのだなぁ…と感じ入ってしまいました、泣きながら。

人気高騰中なので、新しい漫画を描くごとに、彼の記事が様々な場所で取り上げられて認知度が高まるのを、リアルタイムで経験中です。最近では、ゲッサンで連載している作品「カメントツの漫画ならず道 第5話」が朝のニュースに取り上げられたとか聞いたし…何それすごい出世…。今年の活躍にも注目です!

ゲスい記事がたまらない!

セブ山がいろいろ告知する場所

ライターに留まらず、イベント、WEBラジオ、最近ではLINEスタンプ、関連グッズ…などなど、マルチに活動を広げるセブ山さん。ヒモックマスタンプは私も愛用しています。

f:id:himojo_zemi:20170108173959j:plain

めっちゃ可愛い。でも本物のヒモは要りません。ヒモノなら私の相方です。あ、自分もだった…。

すみません、話が逸れました。

基本的に彼が書く記事は、どこかゲスいんです。

omocoro.jp

息子のSNSを秘密裏に監視する奥様への、インタビュー記事。このインタビュー内容も衝撃・笑劇のゲスさ。奥様の受け答えもすごい面白いのですよ。息子の童貞喪失日を知ってしまったことや、息子の彼女の強欲さをもって「クソ女」呼ばわりしたり、息子のプリクラのキメ顔を「ルーキーズみたいでキモい」とバッサリ切り捨てるところとか…。だけど、この神がかった面白さを引き出したのは、間違いなくインタビュワーであるセブ山さんの手腕だし、何より記事全体に漂うゲスな面白さも間違いなくセブ山さんの力量だと思います(褒め言葉)。

この記事、何でこんなにゲスいのだろう? と思って考察したのですが、「思春期の息子にとっては死活問題」「奥様も、自分の行為が正しいのかどうか悩んだことがある」というご家庭の繊細な問題に対して、「インタビュワーが絶対に話を聞きながら面白がっているのを隠しきれていない言葉回し」「奥様もインタビュワーも、思春期の息子に対して「アイタタタ」という気持ちを共有している共犯関係」「そんなほんの少しの悪意を含めて仕上がった記事を読み、本気で面白がっている自分」という、息子以外の人物がみんなゲスいからなんだろうな、という結論に至りました。もし私がゲスい人間でなければ、きっとこの記事をこんなにも面白がらなかったでしょう…いや、やっぱりめちゃくちゃ面白いわ。笑うわ、こんなん。

また、こちらは波紋を呼んだ、セブ山さん主催のイベント「ヒモ塾」を、別の方がルポした記事。

www.alicey.jp

このイベントで「メンヘラ女はコスパが悪い」という名言が生まれます。

他にも、セブ山さんのイベントは面白そうなものばかりなんですよね。

何か面白いことをしたいけど何も思いつかない「無能クソ大学生」とは? - Togetterまとめ←告知ページが削除されてしまったのでTogetterでご紹介。無能クソ大学生を集めて面白いことをする、一年間の長期プロジェクトです。事の発端はこういうことらしいです。

仮にも人気WEBライターに、こんな声掛けできる大学生の無敵感がヤバい。
そして実際に無能クソ大学生を集めた説明会での様子がこちら。

このプロジェクトが発足して、そろそろ一年経ちますが、続報を非常に楽しみにしております。

今最も売れているWEBライター

私が紹介するまでもないのでは…? でも私が一番新記事を楽しみにしているライターさんなので、ぜひ紹介したい!

「今最も売れているWEBライター」と評判の、ヨッピーさん!!

ヨッピーのブログ

様々なジャンルのWEBメディアで、次々バズる記事を書き下ろす、WEBライターの金字塔。どの記事も本当に面白いのですが、私が大ファンになったきっかけが、こちらの記事であります。

time-space.kddi.com

「ウィンドウズ95を使ってノマドしてきた」
↑何これ絶対面白い。ってなるじゃないですか!昔懐かしいブラウン管のモニターを持ち込んで、スタバのオープン席でドヤってる写真は圧巻。笑いすぎて腸が捻れるかと思った。

他にも、笑いすぎたと言えば、こちらの記事。
寸借詐欺に遭ったから仕返ししてみた←先ほど紹介したセブ山さんに、飲食代4000円を支払わされたという理由で仕返しします。それも、ビジネス用のチャットツールを使い、部外者の協力者を募り、会議室まで借りてドッキリするという…何この無駄に手間のかかった無駄のない面白さ。

あと、「大人が本気で子どもみたいなことを考える、何なら実際にやってみる」というノリが大好きなのですが、そんな大人のロマン欲求を満たしてくれるのが、【阿鼻叫喚】ゾンビが大量発生したらどう立て篭もるべき?その道のプロに聞く「子供の秘密基地」を大人がガチで作ってみるとこうなる。の記事。特に秘密基地の完成写真はすごくワクワクできる、素敵な仕上がり!ぜひリンク先で確認してください。

 このような面白系記事を次々バズらせている彼ですが、このインタビュー記事を読むと、本当によく戦略立てて記事を作っていることがわかります。
【ヨッピー】バズる企画の方程式は、広さと深さと距離感
よっぴーさんの、面白さをロジックとしてを捉えているところ、親しみやすさと面白さを徹底した振る舞い、取材対象への敬意と純粋な好奇心がうかがえるところ…コンテンツ発信者として理想的な姿勢を持っていらっしゃると思います。

最近は面白系だけでなく、社会派記事も書かれるようになっています。例えば、PCデポの老人向け高額サービスが大問題となり、株価も大下落したことは、皆さんもご存知かと思います。そのきっかけは、PCデポ 高額解除料問題 大炎上の経緯とその背景(ヨッピー)の記事によるものです。また、悪質なWEBメディア(パクリ記事を大量に掲載しているようなメディア)については、悪質バイラルメディアにはどう対処すべき? BUZZNEWSをフルボッコにしてみたや、炎上中のDeNAにサイバーエージェント、その根底に流れるモラル無きDNAとは(ヨッピー)の記事で問題点を指摘されています。公平なスタンスで、理路整然と問題点を指摘し、なおかつ愛嬌を盛り込む…本当に賢い人なのですよねぇ。月曜日になるとLINE@でこんな写真を送りつけてくるけど。

f:id:himojo_zemi:20170108142036p:plain

あと、ここから先は余談ですが、先ほど紹介したカメントツさんが、ルポ系WEB漫画家として注目されるようになったきっかけも、ヨッピーさんなんですよ!漫画家志望が集まる「現代版トキワ荘」に行ってみた←この記事でカメントツさんと出会い、その時に見せてもらった自作漫画を、ヨッピーさんと縁の深いオモコロに掲載、瞬く間にカメントツさんの人気が出て今に至る…と。

他にもこんな事例があったり…。

 ↓これに対するあまはる氏のリプライ。

また、こちらの記事では、人気ブロガーARuFaさんが、株式会社バーグハンバーグバーグ(面白系WEB広告会社、オモコロの運営元)に入社したのも、ヨッピーさんの男気ある推薦がきっかけだったことがわかります。

シモダ:でも僕は、そこに感動したんですよ。じつは当時ヨッピーもずっとバーグに入りたいと言ってたけど、彼は実力もすごくあるし、外部のライターとしてやってもらうほうが絶対いいと思ってた。その彼が、自分のことを差し置いてもARuFaくんを推してきた姿に、えらく感動して。「もう一度会ってみます」って言ったものの、もう内心は決まってましたね。

日本一「ふざけた」会社の社長×新卒! シモダテツヤとARuFaが語るバーグハンバーグバーグ | クリエイティブの求人情報サイト-CINRA.JOB

色んな人の人生を良い意味で変えているのでは…究極のアゲ◯ンなんじゃないかなって思っています。にも関わらずシモダテツヤと私(地獄のミサワ)008「この世で一番人望がない男 ヨッピー」とか言われてるの本当にかわいそう。うそ、笑う。

 2017年も引き続き活躍に注目!

他にもご紹介したい、注目している WEBライターさんがいるのですが、一人ひとりをガッツリ紹介したかったので、特に好きな3名を選ばせてもらいました! みんなオモコロ系の人々ですね…。

お笑い要素の強いWEBライターさんは、その人個人にファンがつくのが強みであり、様々なジャンルの媒体で記事の依頼があるようです。おかげで私のようなファンは定期的に笑わせてもらえるし、記事依頼をした企業もコスパの高い宣伝ができるし、ライターにはお金が入るしで、まさに三方良し!
紹介した3名を始め、どんどん面白く魅力的なWEBライターが輩出・活躍される年になると良いなぁと思っています!
あと私も、「乾ききってカピカピした人間観に触れるならこのブロガー!」みたいになりたいです。需要はどれほどのものか謎。

トフィーさんが事あるごとにオススメしてくれるのでこのお三方の記事は私も読んだことがありますが、本当にくだらない事に(失礼)真剣で面白いんですよね。それにしても記事の熱量と情報量が半端なくてトフィーさんの「好き」がひしひしと伝わってきます!
「乾ききってカピカピした人間観……」人気ブログになれるかな(白目)

次回予告
1月11日(水)はトフィーの小ネタ更新です。

広告を非表示にする