ストレングスファインダー資質分類の可視化ツール作成

こんにちは、トフィーです。ストレングスファインダーの4つの資質分類を利用して、ストレングスファインダー34の結果を可視化したツールを作ったので、配布します。

ストレングスファインダーテストをwebで受けたことがある方を対象としたツールです。 以下のリンクから、ダウンロード(保存)してください。エクセルファイルです。

ストレングスファインダー資質分類可視化ツール

↑こちらのツールを使うことで、4資質分類別の強み・弱みを可視化することができます。

f:id:himojo_zemi:20170221215114p:plain

 ストレングスファインダーとは

ストレングスファインダー®はアメリカの世論調査コンサルティングのギャラップ社が、一人ひとりが自分の得意を見極め、日々自分の強みを使って仕事をすることで、楽しく、しかも効果的に成果を出してもらうために開発したツールです。

ストレングスファインダーⓇ | ストレングス・ラボ 

もう少し詳しく言うと、大量のアンケートを通じて、34の資質の中から、自分の上位5資質(強み・才能)を判明させることができる有料WEBテストです。34の資質の順番全てを知りたい場合は、更に追加料金が必要です。

Gallup Strengths Center(公式サイト)

ツールの使い方

①ツールをダウンロードして開いておく

Clifton StrengthsFinderにてサインイン

③上部のメニューから、マイ強み>コード管理 を選択

f:id:himojo_zemi:20170218231936p:plain

④画面を下にスクロールし、「Strengthsのエクスポート」を選択(エクセルがダウンロードされるので、開いてください)

f:id:himojo_zemi:20170218232258p:plain

⑤ご自身の結果がエクセルで吐き出されるので、セルE4~AL4をコピー

f:id:himojo_zemi:20170218232714p:plain

⑥①でダウンロードしたツールの、「設定」シートのセルA1に貼り付け(ピンクで塗りつぶされたセルに貼り付けられればOKです)

f:id:himojo_zemi:20170218233000p:plain

⑦「結果」シートにて、5種類のレーダー図が作成されます。スクショなどしてご自由に共有してください。

f:id:himojo_zemi:20170221215134p:plain

※ストレングスファインダーをベスト5までしかわからない方も、本ツールのピンクのセルに、それぞれの資質名を入力していただければ、ベスト5までのレーダー図が作成可能です。その際、「分析思考」をお持ちの方だけ、「分析思考 」と、最後に全角スペースを入力してください。

作成の動機

「74ドル払って、資質34パターン出るだけなんて、絶対ボッタくりやろ…」と、思ってしまったことが原因です(笑)

分析や可視化ができないなら、自分でツール作ってしまえ!」(未来志向:1位)

私以外にも、もっと自分を特徴づけるような分析したい人いるでしょ!」(個別化:4位)

ついでにブログで公開すれば、アクセス集客にもなるわ!」(戦略思考:2位)

という、まさに自分の強い資質が働きまくった結果、作成に至りました。私にアプリを作るスキルがあれば、アプリで配信とかできたのでしょうが…スマホユーザーの方には使いづらいかもしれませんが、エクセルで勘弁してください。

「俺・私の方がもっと良いもん作れるわ!」という方がいらっしゃったら、ブラッシュアップはご自由にどうぞ。その際はお声かけしてくれると嬉しいです。

また、このツールから出てきたレーダー図の結果を、ブログやSNSで投稿するのもご自由にどうぞ。当ブログへのリンクを貼っていただけると、尚喜びます(任意でどうぞ)。

次回予告 2月26日(日)は、トフィーによる短編小説「無口なココロ」をお送りします!