人気ツイッタラーへの道~三万人フォロワーカエルのコガっちに密着~

f:id:himojo_zemi:20170326205952j:image

コガっちにインタビューしてみた

お久しぶりです。そして3万人フォロワーおめでとうございます!!すごいねー

ありがとー!こんなにたくさんの人に見てもらう日が来るとは思わなかったなー

そもそも、わたしとコガっちの出会いが昨年末。わたしが某観光地を訪れた時に、お散歩していたコガっちと出会ったんでしたね。

コートが緑色だったから親戚かと思ったよー!

それっ!一緒に歩いてたらちょっと擬態できてたもん!実は今日も、ちょっと暑いかなと思いつつ、思い出のコート着てきました(笑) その後フォローさせてもらったから、まだ3ヶ月程度のお付き合いなんですね。知り合った時には既に、かえる界隈(?)では人気アカウントだったコガっちだけど、ツイッター歴は長いの?

まだまだ人気アカウントとは程遠いけど、ツイッターを始めて丸三年。この4月で4年目になるよ!

そうなんですね!結構歴史ありそうだなあ。 わたしがツイッターを始めたきっかけは、ハーゲンダッツプレゼントキャンペーンに応募したかったからなんですけど、コガっちはどんなきっかけで始めたの?

実はCxC(シーシー)っていうダンスカンパニーの脚本、演出兼マスコットキャラクターをしているんだけど、そのCxCのエイプリールフール企画で始めたのが最初だったなー

そうなんですね。エイプリルフール企画……面白そう!

CxCのカンパニーアカウントを乗っ取って温泉行ったりー、神社行ったりーの写真を流しまくって楽しかったなー

なるほど。最初はプロモーションの一環として、コガっちのアカウントもない所からのスタートだったんですね。 コガっちのツイッターページを見ると、フォロワー数も去ることながら、何よりツイートに対する反応がすごく多いのが特徴だと思うんですよね。

 

わたしたち干物女も人気ツイッタラーになって、「今日もいい感じに乾いてますね!」とか、たくさんリプを貰いたい!チヤホヤされたい! コガっちは3年かけて自然とフォロワーさんとか、ツイートに対する反応が増えて行った感じなの?

基本ツイッターを見ることが好きだから気になった人はすぐフォローしちゃうんだけど、それがきっかけで見てくれるようになった人が多いのかなー? ツイートに対する反応も同時に増えてきて、いつもツイートが楽しい!

なるほどー!干物女たちは来るもの拒まずだけど、意外と人見知りで自分たちからなんて絡みにいけないわ……って2人で仲良くしちゃってる所がありますね。見習わなきゃ! 今日はコガっちの人気の秘密に迫るべく、1日密着して物陰から観察させてもらいたいと思います!

はーい!よろしくお願いします!

コガっちに密着してみた

行き先を決める中で、2人とも水族館が大好きな事が判明。……という訳で行き先はわたしが前々から行きたかった「しながわ水族館」に決定!途中のエピソードをいくつか4コマ形式にしてみました。(物陰から観察しとくって言ったのに、普通にデートみたいになってます)

 

f:id:himojo_zemi:20170326143149p:image
f:id:himojo_zemi:20170326143929j:image

f:id:himojo_zemi:20170325234410p:image

f:id:himojo_zemi:20170325234420p:image

f:id:himojo_zemi:20170325234429p:image

関東の方ならご存じかもしれませんが、「しながわ水族館」なのに、最寄り駅「品川駅」じゃないんですね。まぎらわしい!!田舎者なつめの勘違いにより、まんまと品川駅に到着してしまった2人。わたしがあわあわしていると、「大丈夫!ここで乗り換えて行けるよ。着いてきて」すぐにスマホで調べて教えてくれました。ホワワンとしたイメージのコガっちですが、凝った画像ツイートからも分かるように実は機械に強くて、アクシデントにも強い、とっても頼れるカエルなんです。

 

f:id:himojo_zemi:20170326143212p:image

f:id:himojo_zemi:20170325234509p:image

f:id:himojo_zemi:20170325234516p:image

f:id:himojo_zemi:20170325234547p:image

f:id:himojo_zemi:20170325234605p:image

カエル界ではかなり大きめのコガっち。それでも当然わたしよりは小さいです。水族館の最寄り駅に着くと突然雨が降り出しました。「どうしよう。コガっちはカエルだけど水に弱いんだ」「わたしも濡れると魔法が解けて天パマンになっちゃう」実はわたし雨女なので、今回も折りたたみ傘を持参していました。おかげで「コガっちと相合傘♡触れ合う肩にドキドキイベント」が図らずとも発生!!「わたしの方が背が高い」と言ったからムキになったのか、傘が持ちたかったのか、背伸びでプルプルしながら大きいよアピールしてくるコガっち可愛すぎるんですけど……。(結局わたしがさしました)

 

f:id:himojo_zemi:20170326143219p:image
f:id:himojo_zemi:20170326143938j:image

f:id:himojo_zemi:20170325234633p:image

f:id:himojo_zemi:20170325235118p:image

f:id:himojo_zemi:20170325234655p:image アクシデントもありつつ、ようやく目的地に到着。パンフレットを見るとわたしが絶対に見たいと思ってたイルカショーの時間が迫ってる!という訳で、先に見に行くことにしました。平日昼間のイルカショーは遠足の園児達でいっぱい。「コガっち!前の席行こ!」「でもその席、水に濡れますって書いて……」「わあ!イルカさん近いねー!」「水に濡れたらなっちゃんの天パが……」しながわ水族館ってイルカとの距離がものすごく近いんです。テンションが上がり、大人しく後方座席に座っている園児を尻目に、天パも忘れて2列目に躍り出るなつめ。ふと視線を感じ振り返ると、みんなコガっち見てるーーー!!「イルカさん可愛いね」とイルカを見る園児と、「カエルさん可愛いね」とコガっちを見る園児にパックリ割れてました(笑)コガっち人気すごい!!

そして分かったコガっちの魅力

魅力その1「親しみやすいキャラクター」
可愛いのに、どこか人間くさくて面白い。ゆるいのにいざという時には頼りになるというギャップ!そういう近づきやすいけど、実は知れば知るほど奥が深い、もっと知りたいってなる!

f:id:himojo_zemi:20170326213252p:image

一方干物女たちは……
可愛らしさをどこかに置き忘れてきたため、干物らしさに特化している。アジは干す事で旨味が増し、スルメは噛めば噛むほど味が出るので、ハマる人はハマるはずなのだが、まず一口目を結構な猛者しか食べてみようと思わないのが難点。見た目を鮮魚的に偽装する工夫が必要。

 

魅力その2「思わず反応したくなるツイート内容」
思わず「あるある!」と頷いてしまうような呟きから、興味を引くような画像や最新技術を駆使した(?)動画。何より登場しているコガっちが可愛いのでついリプしたくなる。というかむしろ、フォローの中で唯一通知してる(笑)

一方干物女たちは……
ツイートの8割が意識高い系と自虐ネタ。たまにそのコンボという高度な技を繰り出す。アジに至っては機械に弱すぎるため、ブログのシステム的なもの(それすら何て呼ぶのか分かっていない)のほぼすべてをトフィーさんに任せっきりにしている。コガっちのツイートに対して「これなんて言うんだっけ?ギフってやつ?すごいね~」とか言ってる辺り、これからのデジタル時代お先真っ暗である。

 

魅力その3「たくさんの人とつながっていく姿勢」
待ってるだけじゃなく、趣味や好みが合う人は自分から積極的にフォローしていくコガっち。たくさんのリプがあるけど、いつも気さくにフレンドリーにそれに対して返事している。その輪がどんどん広がっていった結果が3万人なんだなあと納得。

一方干物女たちは……
引用ツイートを用いて、中の人ふたりだけで会話していることが多々ある。干物たちはキャッキャしているが周りはポカーンである。なんなら、ひとりで会話している危ない人たちと思われていないか心配。トフィーはわたしの中の別人格じゃないよ!!

そして導き出された結論

干物が干物である限り、人気ツイッタラーへの道は険しい。

食べてみようという一口目の勇気を持った猛者たちを大切に、無理せずツイッターライフを楽しんでいこうと思います。これからもよろしくおねがいします!


f:id:himojo_zemi:20170327060937j:image

思わずフォローしたくなるコガっちのツイッターページはこちら

コガっちが可愛すぎる〜…!そしてコガっちとなつめさんの出会いが不思議すぎる(笑)
なつめさんが我々のツイッターアカウントについて分析してくれましたが、正論すぎてぐうの音も出ません!ツイート並べてみると、我々の乾きっぷりが酷いな…。

【次回予告】3月29日(水)
なつめによる小ネタ更新予定です♪