夏休みの宿題で困らないための3ステップ

なつめです♪ 夏休みも終わり、途端に秋の気配が漂ってきましたね。今日は皆さんへのアンケートを元に、夏休みの宿題について考えてみました。もう今年は終わってしまったので、来年の参考にしてください。(参考になるのか?)

先日Twitter上でこのようなアンケートを実施しました。

f:id:himojo_zemi:20170905081601p:plain

「夏休みの宿題を親に手伝ってもらった事がありますか?」と質問したところ、なんと38%もの人が手伝ってもらった事があると回答。意外と多いですね! その内容はドリルなどの勉強を手伝ってもらった人はほとんどおらず、手芸や絵、自由研究などが多く挙がりました。中でも一番多かったのが「アイデア工作」 手伝ってもらった理由について、代表してTさんにインタビューしてみました。

Tさん(仮名)の場合 小学生の時に一度だけ手伝ってもらいましたね。アイデア工作なんですけど……。小学生ごときにアイデアなんて出なくて、「全然思い浮かばね」って言ったら、かなり積極的に手伝ってくれた気がします。今思うと、多分もともとアイデアあって、手伝いたかったのかもしれませんね(笑)

Tさんの例からも分かるように、一番難しいのは作る段階ではなく、その前のアイデアを出す、何を作るのかを考える段階のようです。

それで、来年困らないために、アイデア工作のための3ステップを分かりやすくまとめてみました。

イデア工作を簡単にする3ステップ

①気づき

まず何と言っても、日常での気付きが大切です。普段の生活の中で自分が「不便だ」と感じた体験、周りの人が困っている様子を観察しておきましょう。 もうこの段階でアイデア工作は8割型終わったようなもんです。

②「なぜ」を考える

最初の段階の気づきに対して、なぜ不便だと感じたのか、周りの人はどうして困っていたのかを分析します。 同じ問題でも、その理由によってアプローチの仕方がかわってくるのでこれも重要な段階です。

③「どうすれば」解決できるか考える

問題を解消し、快適に過ごすためにどんな方法を用いれば良いのか、どんな道具があればそれを実現できるのかを考えます。

つまりはこういう事です。 先程のTさんのアイデア工作の事例で考えてみましょう。

f:id:himojo_zemi:20170905214314p:image

Tさんのお母さんはきっと日頃から気付かぬうちに、頭の中でこの3ステップを踏んでいたんでしょうね。 ほら、なんだか簡単にアイデアが湧いてくるような気がしませんか?

……という訳で、わたしも実際にアイデア工作に挑戦してみました。

実際に考えてみた

f:id:himojo_zemi:20170905214258p:image

干物ストラップをつけていれば、あら不思議!誰も恋バナをふってこないではありませんか!! という訳で同じ悩みをお持ちの方、干物ストラップのご用命はナツメまでどうぞ♪(需要ない)

f:id:himojo_zemi:20170905214957p:plain