虐待家庭のような部長と課長の関係

こんにちは、トフィーです。今日は虐待家庭のような職場の様子をお伝えいたします。

虐待家庭の1つのあり方に、「親が子どもである兄弟・姉妹によって扱い方を変える」というものがあります。
例えば「兄には溺愛するが(愛玩子)、その妹に対しては虐待をする」→「子どもたちが経済的に自立したあと、虐待していた方の子どもから、何かと理由をつけて金銭的搾取を行う(搾取子)」というようなものです。

「母に支配される娘」のどうにもならない葛藤 | 家庭 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準


それに近しいことが、前職の会社でも起きていました。
それは、部長と二人の課長の間で起きていたことで、「まるで虐待家庭を見ているようだ」と思わされたものでした。

部長はこんな人

部長は、創業時からの叩き上げで、会社の中でも有力な地位に登り詰めた人でした。それだけに優秀な人だったとも思います。
また、管理職として「責任を取る」というところを重視していたこともあり、部下が勝手な行動をすることを許さず、まずは自分に情報が来るように徹底していました。

課長AとBはこんな人々

課長Aもまた、20年近くこの会社に勤めていた人で、バリバリと仕事をする人でした。ただ、中間管理職としての「バリバリ」ではなく、実務担当者として「バリバリ」なのですが…。
結局、自分一人で実務仕事を抱えて、自分だけが大きな負担を背負い、周囲に「自分ばっかり大変だ」と呟いている人でした。
尚、私はこの人の部下でした。

課長Bは、まだ20代の女性でした。ちょうど会社が「若手にチャンスを」という方針に切り替えたときに、課長ポストに抜擢されたのでした。
そのポストは、私の働く課の隣の課だったので、業務的にも近しかったのですが、課長Bがどんな人なのかまで実感できるほどには、あまり時間を共有していません。

部長と課長2人の関係

冒頭に書いた「愛玩子と搾取子」で例えると、部長が親で、愛玩子が課長B、搾取子が課長Aでした。

部長は何かと課長Bと会議を開きたがりました。
一方、その皺寄せを食うのは課長Aでした。あまりにも多くの業務を抱えているAは、各業務で緊急のことが起きると、部長に報告しなければなりません。しかし、部長が課長Bと会議中だと、部長は後回しにしたがります。
結局、その後回しのせいで、大なり小なりトラブルが起こります。
「トラブルになるくらいなら、課長Aにもっと権限委譲して、現場判断させれば良いのに…」と思ったものでした。

また、課長Aが業務を多く抱えているのは、課長Aにも問題があるとは言え、部長が根本の原因でもありました。明らかにこの課ではない仕事も、課長Aに振りたがるのです。
「それは課長Bのところの仕事だろう!」と言いたくなる仕事も、ちょくちょくありました。
なまじ課長Aがちゃんと仕事するものだから、他の人よりも仕事の上では信頼していたのでしょう。
課長Aの負担がどんどん増える…それが「搾取されている」ように、私の目には写ったのです。

しかし、この状況でも、部長が課長Aを少し褒めると、課長Aが喜びを隠せないでいる様が、最も気色悪く感じられました。

f:id:himojo_zemi:20171210222528p:plain


部長にとっての愛玩子・課長Bと、搾取子・課長A。今思い出しても、不健全な関係だったと思います。

会社内における依怙贔屓

経営というのは、合理的な側面と、人情的な側面があります。組織を作る上で、合理的なルールがなければ、社員は会社に不満を持ち、退職に繋がります。
しかし、やはり人同士で運営するものなので、「お気に入り」みたいなものはできてしまうのです。そしてそれは、役職が上になり、権限が大きくなればなるほど、「お気に入り」と「非お気に入り」の格差が目に見えて表れるのです。
そこから社内政治やら派閥やらが産まれてくるのですね。

馬鹿馬鹿しいなぁと思いつつ、私も、もしも起業する…なんてことになったら「一緒に働いていて楽しい人とやりたい」と思うので、そう考えると仕方ないことなのかもしれません。

ただ、社内政治上手=昇格・昇進の必須要件、みたいになっている会社には間違いなく未来はありません。事実、ここで描写した会社は、事業縮小しましたからね!

ところで、あなたの会社は大丈夫ですか?

相性が合う合わないは、ある程度しょうがない部分もあるけど、ここまで露骨にそれを反映させると、円滑な業務が妨げられ、会社全体に不利益が及ぶでしょうね。
労働力の搾取って社会の中で当たり前のように行われているけど、家庭内の問題に置き換えるとこんなに不自然な事なんだなぁ。
私も当事者にならないよう敏感でいないと!と思わされました。