女性活躍推進について、モテる女の行動特性から語る

「女性の細やかな気遣い」「気配りができる女」

こんな言い回しを聞くと、「女というものをわかっていないな」と思う。

多くの女は、気遣いだとか気配りだとか、「相手本位」で動いているわけじゃない。「相手の欲望を察知し、先回りして動くことで、自分にとって都合のいい環境を作り上げつつ、周囲を活性化する」のだ。これをナチュラルにできる女が「モテる女」というやつであり、反対に、「私は強い!媚びない!」なんて自己認識をしている女は、総じてこれをやらない(のでモテない)。

話は変わるが、男女雇用機会均等法が施行されて30年が経ち、最近のトレンドは「女性活躍推進」というところにある。国内の労働人口が減少する中、働きたい女性にとっては追い風の時代だ。

まぁそれは良いとして、多くの「働きたい女達」の中には、「私は強い!媚びない!」というスタンスを前面に出す人がいる。別にそれはそれで否定しないが、そういう女性は残念ながら能力・ポジションともに低い。

「私は強い」と言い張ることで、自身の弱さや至らなさを直視することから逃げているのだから、改善が見られない。

「媚びない」と言い張ることで、目の前の相手が何を求めているのかという視点を損ない、独りよがりな仕事をする。

結果、能力向上が見られず、ポジションもそのまま…ということになる。 

女性活躍推進、という言葉を聞くと、「男並みに力強くバリバリ働く女性を管理職に就ける」という印象があるが、そういうことではなく、女性らしい強かさをもって自分のポジションを確立していく、というスタンスであるべきだと思う。

モテる女の行動特性(コンピテンシー)は、そのまま職場でも使える。モテる女の行動とは、男に媚びを売ることではない。相手の欲望を察知し、先回りして動くことで、自分にとって都合のいい環境を作り上げつつ、周囲を活性化する立ち回りだ。これが女性らしい強かさだと思う。

(この記事を書く私自身は全くモテないが、周囲のモテる女がみんな共通してこれをやっていたので、そんなに間違っちゃいないだろう。)

また、よくよく考えたら、できる男性社員も似たようなことをやっているので、もしかしたら男女問わず、仕事ができる人の行動特性なのかもしれない。

仕事も恋愛も、自分一人で完結するものではなく、必ず他者が介在する、社会的な活動である。時に他者のために動き、他者を動かすことで成立するのだ。

よって、「モテる」ことも、「仕事ができる」ことも、その根源は同じことなのかもしれない。

 

と、恋愛市場で全く需要のない、干物女トフィーによる考察でした。